コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森口華弘 もりぐち かこう

2件 の用語解説(森口華弘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森口華弘 もりぐち-かこう

1909-2008 昭和-平成時代の染色家。
明治42年12月10日生まれ。友禅作家森口邦彦の父。京友禅師3代中川華邨(かそん),日本画家疋田芳沼(ひきた-ほうしょう)にまなぶ。蒔絵(まきえ)にヒントをえた蒔糊(まきのり)技法による友禅で注目され,昭和30年訪問着「早春」で日本伝統工芸朝日新聞社賞を受賞。42年人間国宝。平成20年2月20日死去。98歳。滋賀県出身。本名は平七郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森口華弘
もりぐちかこう
(1909―2008)

友禅(ゆうぜん)染め作家。滋賀県野洲(やす)郡守山(もりやま)町(現守山市)に生まれる。本名平七郎。12歳で京都に出て薬局に勤めたが、3年後の1924年(大正13)周囲の勧めで3代目友禅師・中川華邨(かそん)(1882―1967)の門下となる。かたわら京都四条派の画家・疋田芳沼(ひきたほうしょう)(1878―1934)に日本画を学び、1939年(昭和14)独立して工房をもつ。資質の華々しい開花は第二次世界大戦後で、主として日本伝統工芸展で活躍。清新華麗な作風で、混迷した戦後の染色界をよみがえらせた。江戸時代から伝わる友禅染めの一技法としてこれまで脇役(わきやく)でしかなかった撒糊(まきのり)を作品の重要な構成要素に位置づけ、独自の技法として蒔糊(まきのり)と名づけ、数々の優品を生み出している。第2回日本伝統工芸展(1955)で朝日新聞社賞を受けた友禅訪問着『早春』(東京国立近代美術館蔵)、翌年の第3回展で文化財保護委員会委員長賞を受けた友禅訪問着『薫』(同)により作家としての地位を不動にした。蒔糊技法だけの作家ではなく、糊糸目(のりいとめ)や堰出(せきだし)など友禅染めのさまざまな技法にも精通し、大らかな文様構成や華やかな色彩感覚に加え、つねに技法に対して新しい可能性を開発しようとする態度に、作家としての大きな特色がある。また社団法人日本工芸会の運営にも情熱を傾け、副理事長を長期にわたって務め、次に続く世代の育成に尽力した。1987年(昭和62)脳梗塞(のうこうそく)のため一時制作ができなかったが、強い意志によるリハビリのおかげで立ち直り、89年(平成1)には文化庁監修による記録映画『友禅・森口華弘のわざ』(桜映画社)を完成させた。日本伝統工芸展にも出品し続け、後進に対する指針というべき役割を果たしていた。1967年(昭和42)重要無形文化財保持者に認定された。[今永清士・森口邦彦]
『守田公夫監修『友禅 森口華弘撰集』(1976・求龍堂) ▽西山松之助・内山武夫著『人間国宝シリーズ10 森口華弘』(1977・講談社) ▽日本経済新聞社編・刊『私の履歴書 文化人8』森口華弘など7人(1984) ▽滋賀県立近代美術館、朝日新聞社編『「特別展 人間国宝・友禅の技 森口華弘」展図録』(1986・滋賀県立近代美術館) ▽『「伝統と創生 友禅の美 森口華弘・邦彦展」図録』(1994・読売新聞大阪本社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森口華弘の関連キーワードギムザ染色丹摺り三染色体性小川規三郎小宮康孝佐野猛夫玉那覇有公羽田登喜男皆川月華山田貢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森口華弘の関連情報