コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森有正 もりありまさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森有正
もりありまさ

[生]1911.11.30. 東京
[没]1976.10.18. パリ
哲学者,フランス文学者。初代文部大臣森有礼の孫にあたり,牧師であった父親の影響で幼い頃からのクリスチャン。 1938年東京大学仏文科卒業,デカルトパスカルを専攻。第一高等学校教授を経て東京大学助教授在籍中の 50年に渡仏,そのままパリに定住して 55年からパリ大学で教鞭をとり,日本語日本思想を講じた。既成の言葉 (名辞) と説明 (命題) だけから成る空疎な構築物を破壊しつくしたのちに,直接に世界と自然に触れることのなかで,唯一,確実な感触をもって重層し,結晶してくるものを「経験」と名づけた。この経験こそ一人の人間を具体的に定義するとし,偶然的に外側から与えられ,機械的に増大する「体験」とは厳密に区別した。著書に『パスカルの方法』 (1943) ,『ドストエーフスキー覚書』 (50) ,『バビロン流れのほとりにて』 (57) などがあり,『森有正全集』 (14巻,78~81) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もり‐ありまさ【森有正】

[1911~1976]哲学者。東京の生まれ。有礼(ありのり)の孫。東大助教授を辞してフランスに移住。デカルトパスカルの研究に従事。著「デカルトとパスカル」「バビロンの流れのほとりにて」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

森有正【もりありまさ】

哲学者,評論家。東京生れ。東大卒。森有礼(ありのり)の孫。17世紀のフランス哲学・思想を研究し,《パスカルの方法》《デカルトの人間像》を刊行。東大在職中に渡仏して定住,パリ大学東洋学部教授などを歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森有正 もり-ありまさ

1911-1976 昭和時代のフランス文学者,哲学者。
明治44年11月30日生まれ。森有礼(ありのり)の孫。パスカル,デカルトなどの近世フランス哲学を専攻し,昭和25年東大助教授在職中に渡仏。28年東大を辞してパリに定住し,国立東洋語学校,パリ大東洋学部で日本語,日本文化を講じる。47年から4年間パリ日本館館長。「遥かなノートル・ダム」以下一連の著作で「経験」の意味を説いた。昭和51年10月18日死去。64歳。東京出身。東京帝大卒。著作はほかに「パスカルの方法」「デカルト研究」「経験と思想」,エッセイに「バビロンの流れのほとりにて」など。
【格言など】体験と異なる本当の経験は正しい理想の上に立つものである(「霧の朝」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もりありまさ【森有正】

1911‐76(明治44‐昭和51)
哲学者。東京に生まれ,暁星中学,東京高校を経て,1938年東大仏文科を卒業。森有礼の孫。パスカル,デカルトを中心とするフランス17世紀哲学・思想の研究にたずさわり,この研究領域での業績に《パスカルの方法》(1943),《デカルトの人間像》(1948)などがある。第2次大戦後,東大文学部助教授在職中に渡仏,53年に東大を辞してそのままパリに定住する。渡仏後の最初の著作《バビロンの流れのほとりにて》(1957)は,書簡形式をとりながら,西欧文明との接触によって著者の内面にもたらされた変化を凝視した記録であり,この時期の森がとりくんだ思想的課題を明らかにしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

もりありまさ【森有正】

1911~1976) 哲学者。東京生まれ。有礼ありのりの孫。東大助教授を辞しフランスに定住。著「バビロンの流れのほとりにて」「経験と思想」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

森有正の関連キーワード牧野省三桂太郎内閣ランデール岩石区エクソンモービル河上肇キュビスムグリフィススバル辛亥(しんがい)革命

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森有正の関連情報