コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森長可 もりながよし

4件 の用語解説(森長可の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森長可
もりながよし

[生]永禄1(1558).尾張
[没]天正12(1584).4.9. 尾張
安土桃山時代の武将。可成の子。長一ともいい,武蔵守を称した。織田信長に仕えて武田攻略に功を立て,信濃川中島城主となり,北信4郡を領した。本能寺の変後,豊臣秀吉に従い,天正 12 (1584) 年小牧・長久手の戦いで戦死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森長可 もり-ながよし

1558-1584 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)元年生まれ。森可成(よしなり)の次男。美濃(みの)(岐阜県)金山城主。織田信長につかえ,武田勝頼攻めの功で信濃(しなの)(長野県)海津城主となったが,本能寺の変により退去。小牧・長久手(ながくて)の戦いでは岳父の池田恒興(つねおき)とともに羽柴(豊臣)秀吉方につき,天正(てんしょう)12年4月9日討ち死に。27歳。武蔵守(むさしのかみ)を称し,勇猛で鬼武蔵の異名があった。通称は勝蔵。
【格言など】宇治にある沢姫の茶壺と,山城の仏陀寺にある台天目の茶碗を秀吉様にさしあげたい(遺言)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

森長可

没年:天正12.4.9(1584.5.18)
生年:永禄1(1558)
安土桃山時代の武将。可成の次男。母は林通安の娘,妙向尼。勝蔵(勝三)。武蔵守と称した。美濃国(岐阜県)金山に生まれる。織田信長に仕え,天正2(1574)年長島一向一揆の鎮圧に従軍したのをはじめ,各地を歴戦。同10年の甲州征討の功により,信濃高井・水内・更科・埴科4郡を与えられる。その後,信濃海津に在城し越後の上杉景勝に備えたが,同年6月本能寺の変により撤収。本領の金山に帰り織田信孝に属すも,翌年これに背いて羽柴(豊臣)秀吉に仕え,同12年小牧・長久手の戦にも秀吉方として参加。同年徳川家康の本拠三河を攻めようとし,長久手で戦死。27歳。勇猛で鬼武蔵の異名をとった。

(長谷川弘道)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もりながよし【森長可】

1558‐84(永禄1‐天正12)
安土桃山時代の武将。美濃金山城主。長一ともいい,勝蔵,武蔵守と称した。可成(よしなり)の子。織田信長に仕え,伊勢長島一揆征伐,三河長篠の戦甲州征伐などに戦功をたて,1582年信濃更科以下4郡20万石余を与えられた。84年,信長の死後織田信雄(のぶかつ)・徳川家康と羽柴(豊臣)秀吉とが争い小牧・長久手の戦が起こったとき,舅(しゆうと)池田恒興(つねおき)とともに秀吉にくみし,4月9日長久手で戦死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森長可の関連キーワード五辻為仲森忠政道恵文閑細川玄旨山岡如軒安土桃山時代塙団右衛門横目付伊勢・安土桃山文化村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone