コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠木正季 クスノキマサスエ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠木正季 くすのき-まさすえ

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
楠木正成(まさしげ)の弟。河内(かわち)(大阪府)の人。兄正成と終始行動をともにし,建武(けんむ)政権下では窪所(くぼどころ),武者所の一員となる。建武3=延元元年足利尊氏(たかうじ)の大軍と摂津湊川(みなとがわ)(兵庫県)でたたかったがやぶれ,5月25日兄とさしちがえて死んだ。通称は七郎,帯刀(たてわき)。
【格言など】七生まで只同じ人間に生れて,朝敵を滅さばや(「太平記」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

楠木正季

没年:建武3/延元1.5.25(1336.7.4)
生年:生年不詳
南北朝期の武将。楠木正成の弟正氏とする系図もある。七郎左衛門,帯刀と称す。後醍醐天皇建武新政下で窪所,武者所などに属して政権の担い手となったが,建武3/延元1(1336)年の足利尊氏・直義軍と播磨湊川(神戸市)での戦に敗れ,兄正成と刺し違えて自害した。『太平記』の伝えるところによれば,正季は死に臨み「七生マデ只同ジ人間ニ生レテ,朝敵ヲ滅サバヤトコソ存候ヘ」と述べ,兄はこれを喜んだという逸話を残しており,兄と共に壮絶な最期をとげた。<参考文献>植村清二『楠木正成』

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くすのきまさすえ【楠木正季】

?~1336) 南北朝時代の武将。正成の弟。通称、七郎。湊川の戦いで足利尊氏に敗れ、正成と刺しちがえて死んだ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

楠木正季の関連キーワード延元宇佐輔景楠木正成楠木正季後伏見天皇少弐貞経相馬重胤千種忠顕土居通増名和長年

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone