コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楢川 ならかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楢川
ならかわ

長野県中部,塩尻市の南半分を占める旧村域。木曾谷北端に位置する。 1889年村制。 2005年塩尻市に編入。日本海側に流れる奈良井川の上流域を占めるが,耕地はきわめて少ない。北端の桜沢には「是より南木曾路」の碑があり,西の木祖村との境には木曾川と奈良井川の分水界をなす鳥居峠がある。奈良井平沢がおもな集落で,ともに漆器生産で知られる。奈良井は近世中山道の木曾谷 11宿のなかでも宿場景観をよく残している。南東端の権兵衛峠は木曾谷と伊那盆地を結び,明治末期まで重要な交通路であった。一部は中央アルプス県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楢川
ならかわ

長野県南西部、木曽(きそ)郡にあった旧村名(楢川村(むら))。現在は塩尻(しおじり)市の南部を占める。旧楢川村は2005年(平成17)塩尻市に編入。木曽谷の北端、鳥居(とりい)峠(1197メートル)の北麓(ほくろく)にあり、南方の茶臼山を源として北流する奈良井(ならい)川沿いに集落が続く。奈良井川に並行してJR中央本線と国道19号(中山道(なかせんどう))が旧村域を縦貫する。北部の木曽谷の入口には「是(これ)より南木曽路」の石碑が立っている。平沢(ひらさわ)集落は木曽漆器の主産地。平沢漆器ともよばれ、国の伝統的工芸品に指定されている。漆器店が軒を並べて活気があり、木曽漆器館もある。漆工町として国の重要伝統的建造物群保存地区に選定。贄川(にえかわ)、奈良井は近世の中山道の木曽十一宿のうちで、贄川にある深澤家住宅は国指定重要文化財。当時の番所跡も復原されている。奈良井は当時奈良井千軒とよばれ、木曽谷一の繁栄をみた所で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

楢川の関連キーワード長野県塩尻市奈良井長野県塩尻市楢川[村]塩尻(市)贄川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楢川の関連情報