極聖(読み)きわみひじり

  • ごくしょう ‥シャウ
  • ごくしょう〔シヤウ〕
  • 極▽聖
  • 極聖(きわみひじり)

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

岡山の日本酒。酒名は、元は万葉歌人・大伴旅人和歌「酒の名を聖とせし古の大き聖ののよろしさ」にちなみ「聖」といったが、最高峰という味で聖の上に「極」を冠し、平成9年(1997)に改名。大吟醸酒、純米大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、特別純米酒純米酒など。全国新酒鑑評会受賞実績多数。原料米は山田錦、雄町、朝日アケボノなどを使い分ける。仕込み水は旭川伏流水蔵元の「宮下酒造」は大正4年(1915)創業。所在地は岡山市中区西川原。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (聖中の至極の意) 仏語。仏のこと。
※米沢本沙石集(1283)一「阿鼻の依正は極聖(コクシャウ)の自心に処し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android