コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊原仟 サカキバラシゲル

デジタル大辞泉の解説

さかきばら‐しげる【榊原仟】

[1910~1979]外科医。福井の生まれ。東京女子医大教授、筑波大学副学長、榊原記念病院院長。日本の心臓外科手術の開拓者の一人。著作に「医の心」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊原仟 さかきばら-しげる

1910-1979 昭和時代の外科学者。
明治43年10月13日生まれ。昭和24年東京女子医専(現東京女子医大)教授となり,同大日本心臓血圧研究所所長,同大付属病院院長。48年筑波大副学長。のち榊原記念病院院長をつとめた。日本の心臓外科の開拓者のひとり。昭和54年9月28日死去。68歳。福井県出身。東京帝大卒。著作に「医の心」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さかきばらしげる【榊原仟】

1910~1979) 心臓外科医。福井県生まれ。東京女子医大教授。幾多の難手術を成功させ、日本の心臓外科を開拓した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

榊原仟
さかきばらしげる
(1910―1979)

日本における心臓外科の開拓者の一人。明治43年10月13日福井市に生まれる。1936年(昭和11)東京帝国大学医学部卒業後、外科学教室に入り、とくに骨関節結核の研究を行い、学位もこの研究で得た。1942年中国につくられた上海(シャンハイ)同仁大学の開設とともに教授として赴任、敗戦で帰国。1949年(昭和24)から東京女子医学専門学校(現、東京女子医科大学)教授となる。東京大学教授の塩田正男からアメリカで心臓手術の開発が始まっていることを聞かされ、研究に着手、1951年ボタロー管開存症、1952年僧帽弁口狭窄(きょうさく)症の手術を、いずれも日本で初めて成功させた。1955年東京女子医大に日本心臓血圧研究所を設立し、所長に就任、1961年には同大学附属病院長、1973~1976年には新設の筑波(つくば)大学の副学長を務めた。1963年朝日賞、1971年には紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受けている。昭和54年9月28日死去。[中川米造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

榊原仟の関連キーワード東京女子医科大学島津 フミヨ島津フミヨ昭和時代中川米造

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android