コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋脇[町] ひわき

百科事典マイペディアの解説

樋脇[町]【ひわき】

鹿児島県中部,薩摩郡の旧町。川内(せんだい)川支流の樋脇川流域を占め,大半は山林。米作を行うほか,茶,タバコ,園芸作物を産し,畜産,養蚕も営む。市比野(いちびの)温泉がある。2004年10月川内市,薩摩郡入来町,東郷町,祁答院町,里村,上甑村,下甑村,鹿島村と合併し市制,薩摩川内市となる。64.18km2。7893人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひわき【樋脇[町]】

鹿児島県西部,薩摩郡の町。人口8221(1995)。南部は山地,北部はシラス台地からなり,中央を樋脇川,市比野川が北流し,両川沿いに沖積低地が開ける。鎌倉時代は渋谷氏の領地で,戦国時代に島津氏領となった。主産業は農業で,米作,茶,タバコの栽培を中心に畜産も行われる。製材業やすだれ,籠などの竹製品製造も盛ん。また電気部品,精密機械部品などの工場も進出している。市比野川沿いには市比野温泉(単純泉,51~60℃)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

樋脇[町]の関連キーワード薩摩川内市東郷町川内川

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android