薩摩川内(読み)サツマセンダイ

デジタル大辞泉の解説

さつませんだい【薩摩川内】

鹿児島県北西部にある市。川内川下流の九州本土区域と、甑島(こしきしま)区域からなる。奈良時代には薩摩国府が置かれた。平成16年(2004)川内市樋脇(ひわき)町、入来(いりき)町、東郷町祁答院(けどういん)町、里村、上甑(かみこしき)村、下甑(しもこしき)村、鹿島村が合併して成立。人口10.0万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さつませんだい【薩摩川内】

鹿児島県北西部の市。川内川下流域と沖合の甑島こしきじま列島からなる。祁答院けどういん地区の藺牟田いむた池は、ラムサール条約登録湿地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さつませんだい【薩摩川内】

鹿児島県北西部の市。平成一六年(二〇〇四)川内市と周辺町村が合併して成立。市域には甑列島も含まれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薩摩川内の関連情報