コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入来 いりき

6件 の用語解説(入来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入来
いりき

鹿児島県北西部,薩摩川内市東部の旧町域。川内平野の南東部に位置する。 1948年町制。 2004年川内市,樋脇町,東郷町,祁答院町,村,上甑村,下甑村,鹿島村と合体して薩摩川内市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐らい【入来】

[名](スル)他人が来訪することを敬っていう語。おいで。来駕(らいが)。光来。にゅうらい。
「よくこそ御―下されたれ」〈露伴・新浦島〉

にゅう‐らい〔ニフ‐〕【入来】

[名](スル)はいってくること。多く「御入来」の形で他人の来訪を敬っていう語。じゅらい。「ようこそ御入来くださいました」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅらい【入来】

( 名 ) スル
他人を敬ってその来訪をいう語。来駕。光来。 「復たの-を祈られて/油地獄 緑雨

にゅうらい【入来】

( 名 ) スル
訪ねてはいってくること。来訪。多く「御入来」の形で他人の来訪を敬って用いる。じゅらい。 「ようこその御-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入来
いりき

鹿児島県北西部、薩摩(さつま)郡にあった旧町名(入来町(ちょう))。現在は薩摩川内(せんだい)市の南東部を占める一地区。1948年(昭和23)町制施行。2004年(平成16)川内市、樋脇(ひわき)町、東郷(とうごう)町、祁答院(けどういん)町、里(さと)村、上甑(かみこしき)村、下甑(しもこしき)村、鹿島(かしま)村と合併、薩摩川内市となる。旧町域は、川内川支流の入来川流域にあり、東に藺牟田(いむた)池、南に八重山(やえやま)の火山がある。旧国鉄宮之城(みやのじょう)線はバスに転換。国道328号が通じる。名称は律令(りつりょう)時代の倉院の名が地名化したもの。中世、地頭職となった渋谷氏が清色(きよしき)城を本拠に勢力をもち、入来院氏と称した。その後、島津氏に屈服したが、所領は安堵(あんど)され明治維新に至った。エール大学教授の歴史学者朝河貫一(あさかわかんいち)の発掘した著名な「入来院文書」は、入来院氏の残したもので、封建制研究の基礎史料として貴重である。基幹産業は農業で、米、茶、ミカンなどを生産し、キンカンは特産。ブロイラー、肉牛などの畜産も盛んである。八重山山麓(さんろく)には鹿児島大学農学部付属入来牧場があり、ウシが大規模放牧される。また、同牧場内には国立天文台の電波望遠鏡が設置されており、共同研究も行われている。清色城跡は、国の史跡。入来麓(ふもと)重要伝統的建造物群保存地区は、中世から近世の武家屋敷町の景観を残している。入来温泉と諏訪(すわ)温泉がある。[平岡昭利]
『『入来町誌』上下(1964、1978・入来町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入来の関連キーワード駕を枉げる賢察高聞高慮参堂尊来尊覧来訪来臨光駕

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

入来の関連情報