コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下甑(読み)しもこしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下甑
しもこしき

鹿児島県北西部,薩摩川内市南西部の旧村域。下甑島南部を占める。1949年藺牟田地区(いむたちく)を鹿島村として分離。2004年川内市,樋脇町,入来町,東郷町,祁答院町,村,上甑村,鹿島村と合体して薩摩川内市となった。平地は少ないが,サツマイモ,雑穀などを栽培。カノコユリが特産。アジ,ブリなどの沿岸漁業が行なわれる。海岸は沈降海岸で風景に優れ,甑島県立自然公園に属する。伝統行事のトシドンは国の重要無形民俗文化財で,2009年世界無形遺産に登録された。国の天然記念物のヘゴ自生北限地帯がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下甑
しもこしき

鹿児島県薩摩(さつま)郡にあった旧村名(下甑村(そん))。現在は薩摩川内(せんだい)市の西部を占める一地区。2004年(平成16)川内市、樋脇(ひわき)町、入来(いりき)町、東郷(とうごう)町、祁答院(けどういん)町、里(さと)村、上甑(かみこしき)村、鹿島(かしま)村と合併、薩摩川内市となる。旧村域は、東シナ海上に浮かぶ甑島(こしきじま)列島最南端にあり、下甑島の大半を占める。急傾斜のまま海に接し、平地に乏しい。手打(てうち)地区にはトンボロ(陸繋(りくけい)砂州)がみられ、この上に集落が形成されている。本土の串木野(くしきの)港と結ぶ定期船が、手打と長浜に寄航する。段々畑で米、いも類、カノコユリの球根なども栽培されてきたが、主産業は水産業。好漁場を生かした定置網、一本釣りなど沿岸漁業も行われ、釣り客や海水浴客も多い。手打の武家屋敷跡、瀬々野浦断崖(せせのうらだんがい)などは観光名所となっている。ヘゴ自生北限地帯として、瀬尾の自生ヘゴは国の天然記念物に指定されている。大晦日(おおみそか)の夜に行われる伝統行事「トシドン」は国指定重要無形民俗文化財。[田島康弘]
『『下甑村郷土誌』(1977・下甑村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下甑の関連情報