コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上甑 かみこしき

2件 の用語解説(上甑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上甑
かみこしき

鹿児島県北西部,薩摩川内市西部の旧村域。上甑島西半部と中甑島を含む。 2004年川内市,樋脇町,入来町,東郷町,祁答院町,村,下甑村,鹿島村と合体して薩摩川内市となった。サツマイモ,小麦,ハダカムギ,野菜などを産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上甑
かみこしき

鹿児島県薩摩(さつま)郡にあった旧村名(上甑村(むら))。現在は薩摩川内(せんだい)市の西部を占める一地区。2004年(平成16)川内市、樋脇(ひわき)町、入来(いりき)町、東郷(とうごう)町、祁答院(けどういん)町、里(さと)村、下甑(しもこしき)村、鹿島(かしま)村と合併、薩摩川内市となる。旧村域は、東シナ海上の甑島(こしきじま)列島北部にある上甑島の西半部と中甑島からなる。上甑島と中甑島は架橋され陸路でつながり、いちき串木野(くしきの)市の串木野港から定期航路がある。浦内湾をはじめ溺(おぼ)れ谷や海食崖(がい)が多く、中甑と平良(たいら)には良港がある。水産業が中心で、浦内湾内では真珠養殖も行われる。北部には砂州の「長目(ながめ)の浜」でしきられた海鼠(なまこ)池や貝池があり、景勝地である。カノコユリの原産地でもある。国指定天然記念物ヘゴ自生北限地帯の一つ。[田島康弘]
『『上甑村郷土史』(1960・上甑村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上甑の関連キーワード川内鹿児島県薩摩川内市天辰町鹿児島県薩摩川内市里町里鹿児島県薩摩川内市中郷鹿児島県薩摩川内市永利町鹿児島県薩摩川内市西開聞町鹿児島県薩摩川内市西方町鹿児島県薩摩川内市西向田町鹿児島県薩摩川内市港町鹿児島県薩摩川内市宮内町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上甑の関連情報