横切る(読み)ヨコギル

デジタル大辞泉の解説

よこ‐ぎ・る【横切る】

[動ラ五(四)]
横の方向に通りすぎる。一方の側から他方の側へ渡る。横断する。「車道を―・る」
ふと現れて消える。「失望の色が顔を―・る」
[動ラ下二]横に切れていく。横にさえぎる。
「澄みのぼる月の光に―・れてわたるあきさの音の寒けさ」〈頼政集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よこぎる【横切る】

( 動五[四] )
道などを一方の側から他の側へ渡る。横に突っ切って通り過ぎる。横断する。 「道を-・る」 「本州を-・って日本海へ抜けた台風」
[可能] よこぎれる
( 動下二 )
横に切れて行く。横にさえぎられる。 「澄みのぼる月の光に-・れて/頼政集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横切るの関連情報