コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掠る/擦る カスル

デジタル大辞泉の解説

かす・る【×掠る/擦る】

[動ラ五(四)]
軽く触れて通り過ぎる。かすめる。「弾丸が耳を―・った」
上前をはねる。「賃金を―・る」
かすり書きにする。
他人のものをちょっと利用する。
「その提灯の明りを―・り、妾(わし)も隣の念仏講へ」〈伎・四谷怪談
容器の底にわずかに残っているものをこそげ取る。
「夕に米唐櫃(こめがらと)を―・り」〈浮・禁短気・四〉
ほのめかす。におわす。
「その人の名は言ひかねて、思ふあたりを―・らする」〈浄・万年草
[動ラ下二]かすれる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掠る/擦るの関連キーワード掠める念仏講明り上前

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android