横山 光輝(読み)ヨコヤマ ミツテル

  • 横山 光輝 (よこやま みつてる)

20世紀日本人名事典の解説

昭和・平成期の漫画家



生年
昭和9(1934)年6月18日

没年
平成16(2004)年4月15日

出生地
兵庫県神戸市

本名
横山 光照(ヨコヤマ ミツテル)

学歴〔年〕
神戸市立須磨高卒

主な受賞名〔年〕
日本漫画家協会賞(第20回)〔平成3年〕「三国志

経歴
戦争中は鳥取に疎開。手塚治虫の「メトロポリス」を読んで漫画を描き始める。高校卒業後、神戸銀行に勤務したが、4ケ月で退職。映画会社宣伝部の仕事を経て、昭和30年単行本「音無しの剣」でデビュー。同年2作目の単行本「白百合物語」が認められ、雑誌「少女」に「白ゆり行進曲」として連載される。31年「少年」に金田正太郎少年が操縦する巨大ロボットの活躍を描いた「鉄人28号」を連載、手塚の「鉄腕アトム」と人気を二分して一躍売れっ子作家となった。36年「伊賀の影丸」で忍者ブームを起こし、人気漫画家としての地位を確立。以来、「魔法使いサリー」「コメットさん」「仮面の忍者赤影」「ジャイアントロボ」「バビル2世」「マーズ」など少女向け、時代劇、SF、歴史物など幅広いジャンルで次々に傑作を発表、その多くが実写化・アニメ化され、特に代表作である「鉄人28号」はこれまでに4度アニメ化された。46年大河歴史漫画「三国志」の連載を開始、15年間60冊に及ぶライフワークとなった。以後、主に「徳川家康」「武田信玄」「項羽と劉邦 若き獅子たち」「史記」「殷周伝説」などの長編歴史物を手がけた。他の作品に「ダイモス」「その名は101」「水滸伝」「戦国獅子伝」「闇の土鬼」「時の行者」「隻眼の竜」「伊達政宗」「捨て童子松平忠輝」などがある。晩年は足の骨折のために寝たきりとなり、自宅で療養生活を送る傍ら執筆を続けたが、16年4月火災により大やけどを負い、搬送先の病院で亡くなった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1934年6月18日
昭和時代;平成時代の漫画家
2004年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横山 光輝の関連情報