コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白土三平 しらとさんぺい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白土三平
しらとさんぺい

[生]1932.2.15. 東京
漫画家。本名,岡本登。昭和初期のプロレタリア運動家,岡本登貴男の長男。 1947年東京の私立練真中学校を卒業,翌年には白土三平のペンネームで紙芝居を描いた。 57年から貸本屋用の漫画単行本を描きはじめ,『甲賀武芸帳』 (1957,8巻) で作風を確立。『忍者武芸帳』 (59~62,16巻) はその代表作であるばかりでなく,劇画史を飾る雄編となった。ほかに主要作品として『カムイ伝』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しらと‐さんぺい【白土三平】

[1932~ ]漫画家。東京の生まれ。本名、岡本登。忍者ものを中心とする歴史漫画が絶大な人気を集めた。代表作「忍者武芸帳」「カムイ伝」「サスケ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

白土三平【しらとさんぺい】

漫画家。東京生れ。本名岡本登。父は画家岡本唐貴。練真中卒。1948年紙芝居作家となり,のち指人形劇団太郎座に参加。1957年《こがらし剣士》で貸本漫画に転じ,同年の《甲賀武芸帳》により作風を確立。
→関連項目漫画横山光輝

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白土三平 しらと-さんぺい

1932- 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和7年2月15日生まれ。岡本唐貴(とうき)の長男。はじめ紙芝居の原画や貸本屋用漫画をかく。昭和34年忍者を主人公とする「忍者武芸帳」で人気をあつめた。「ガロ」連載の「カムイ伝」や「サスケ」など長編歴史劇画のほか,エッセイも執筆。東京出身。本名は岡本登。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の白土三平の言及

【劇画】より

…60年代にはだれの眼にも明らかになった日本経済の復興を背景として,社会の表層をながれる明るい気分とうらはらな黒い怒りを主調とする劇画が,はじめは貸本屋に,後には少年週刊雑誌にあらわれた。百姓一揆を主軸にすえた白土三平《忍者武芸帳》全17巻(1959‐62),現代を支配する悪の力をえがいた水木しげる《悪魔くん》全2巻(1964)は,紙芝居のなかで育った貸本屋読者層におくられた劇画の代表作である。描法からいえば,命名者辰巳ヨシヒロが自著《劇画大学》(1968)でのべたように,劇画の特色は一つの行動をえがくのにコマ数を多くすることであり,映画の高速度撮影に似ている。…

【漫画】より

…紙芝居と貸本文化から出てきた絵物語作家は,笑わせることを目的とせず,むしろ怒りの表現として長大な物語を紡いだ。白土三平の《忍者武芸帳》《カムイ伝》を頂点とする劇画があらわれた。そのよりどころとなったのは長井勝一の主宰する《ガロ》(1964年9月創刊)という漫画雑誌である。…

※「白土三平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白土三平の関連キーワード忍者武芸帳 影丸伝カムイ外伝ペンネーム小島 剛夕長井 勝一小島剛夕つげ義春大島渚昭和

白土三平の関連情報