コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山党 よこやまとう

3件 の用語解説(横山党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横山党
よこやまとう

武蔵国横山荘に割拠した武士の集団。武蔵七党の一つ。のち鎌倉御家人となったが,建保1 (1213) 年和田義盛に加担して討伐され,衰えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

横山党【よこやまとう】

平安時代末期〜鎌倉時代初期の武士団武蔵国横山(現八王子市)を本拠地とする横山氏の一族で,武蔵七党の一つ。横山氏は小野篁(たかむら)の子孫を称し,小野党ともいう。
→関連項目船木田荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よこやまとう【横山党】

平安末~鎌倉前期の武蔵国武士団。武蔵七党の一つ。小野党ともいう。小野篁(たかむら)7代の孫孝泰が武蔵守として下向し横山(現,東京都八王子付近)に土着したのに始まるという。孝泰の曾孫経兼・忠兼兄弟は源頼義に従って前九年の役(1051‐62)に参戦した。一族は武蔵のみならず上野,相模にも進出し,七党中最大の武士団となった。その中には横山,小野,目黒,海老名(えびな),別府,山口,愛甲,成田,中条,箱田,河上,玉井,室伏,平山など70もの氏族が含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の横山党の言及

【武蔵七党】より

…七党の数え方は一定せず,横山,猪俣,児玉,丹(たん)(丹治),西,野与(のよ),村山とする説,野与,村山の代りに綴(つづき),私市(きさい)を入れる説,西,村山を省いて綴,私市を加える説など種々の説がある。そのほとんどが武蔵守,武蔵介の子孫といわれ,横山党は小野篁(たかむら)の子孫武蔵守孝泰,猪俣党は孝泰の子武蔵介時資,児玉党は武蔵介有道(ありみち)維能,丹党は丹治氏で代々武蔵守を相継,西党は武蔵守日奉(ひまつり)宗頼,私市党は武蔵権守(姓不詳)家盛にそれぞれ始まるという。野与・村山両党は桓武平氏平忠常の子孫である。…

※「横山党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone