コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹皮布 じゅひふ

5件 の用語解説(樹皮布の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

樹皮布
じゅひふ

樹皮を打ち延ばしてつくった布。獣皮,羽毛,茎葉などと並んで最も原始的な衣料とされる。かつて南太平洋圏の部族の間で広く用いられ,いまも一部にみられる。最上部の堅い皮を除き,内皮を煮て水にさらし,木や石の槌で打ち延ばしてつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅひ‐ふ【樹皮布】

樹皮を水に浸して柔らかくし、木槌(きづち)で打ち伸ばして作った布。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅひふ【樹皮布】

樹皮の内側の木質部から作る紙状の布である。樹皮を採取する原木はカジノキパンノキイチジクなどおもにクワ科の植物で,その他,シュロツリーハイビスカスも素材となる。これらの植物の幹の表皮をとり除いた黄白色の内皮をはぎとる。製法は比較的簡単で,まずはがしたものを水につけてしなやかにするが,まれに煮る地域もある。次に木の台の上に置き,木づちでたたいて好みの厚さに平均的に伸ばす。後は広げて日に乾かすだけである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅひふ【樹皮布】

クワ科植物など、特定の樹皮を水につけて柔らかくし、打ち伸ばしてつくる布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樹皮布
じゅひふ

樹皮を打ち伸ばしてつくった布。毛皮と並んでもっとも原始的な衣服の材料の一つ。インドネシア太平洋アメリカ中南米などの熱帯地域でみられ、なかでもポリネシアではもっとも発達し、広くタパという名称で知られている。
 日本でも、古くからある「たふ」「たく」などの名称は、タパを伝えたものといわれる。製法は、クワ科植物の樹皮をはぎ、水に浸(つ)けて柔らかくしておき、木槌(きづち)でたたいて伸ばし、布状とする。そして木版に染料をつけて印花し、模様をつける。現在、樹皮布と同様な原理でつくられるものに不織布がある。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樹皮布の関連キーワード内袖内枠液材製麻桜皮科の木二幅木質部リグノセルロース木質系プレハブ工法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone