コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹皮布 じゅひふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

樹皮布
じゅひふ

樹皮を打ち延ばしてつくった布。獣皮羽毛茎葉などと並んで最も原始的な衣料とされる。かつて南太平洋圏の部族の間で広く用いられ,いまも一部にみられる。最上部の堅い皮を除き,内皮を煮て水にさらし,木や石の槌で打ち延ばしてつくる。材料にはコウゾその他のクワ科植物の樹皮が適している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅひ‐ふ【樹皮布】

樹皮を水に浸して柔らかくし、木槌(きづち)で打ち伸ばして作った布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅひふ【樹皮布】

樹皮の内側の木質部から作る状の布である。樹皮を採取する原木カジノキパンノキイチジクなどおもにクワ科の植物で,その他,シュロ,ツリーハイビスカスも素材となる。これらの植物の幹の表皮をとり除いた黄白色の内皮をはぎとる。製法は比較的簡単で,まずはがしたものを水につけてしなやかにするが,まれに煮る地域もある。次に木の台の上に置き,木づちでたたいて好みの厚さに平均的に伸ばす。後は広げて日に乾かすだけである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅひふ【樹皮布】

クワ科植物など、特定の樹皮を水につけて柔らかくし、打ち伸ばしてつくる布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樹皮布
じゅひふ

樹皮を打ち伸ばしてつくった布。毛皮と並んでもっとも原始的な衣服の材料の一つ。インドネシア、太平洋、アメリカ、中南米などの熱帯地域でみられ、なかでもポリネシアではもっとも発達し、広くタパという名称で知られている。
 日本でも、古くからある「たふ」「たく」などの名称は、タパを伝えたものといわれる。製法は、クワ科植物の樹皮をはぎ、水に浸(つ)けて柔らかくしておき、木槌(きづち)でたたいて伸ばし、布状とする。そして木版に染料をつけて印花し、模様をつける。現在、樹皮布と同様な原理でつくられるものに不織布がある。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

樹皮布の関連キーワードバーククロスビーターワカ・プリエタオセアニア美術トンガ(国)ポリネシア人タパクロスガンダ族写経クブ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android