コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀河鉄道の夜 ギンガテツドウノヨル

デジタル大辞泉の解説

ぎんがてつどうのよる〔ギンガテツダウのよる〕【銀河鉄道の夜】

宮沢賢治童話。生前未発表。昭和16年(1941)刊。貧しい少年ジョバンニが、級友を救おうとして溺死(できし)した親友カムパネルラとともに、夢の中で銀河鉄道に乗って宇宙を旅するという幻想的な作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんがてつどうのよる【銀河鉄道の夜】

宮沢賢治の少年小説。生前未発表。初稿は1924年(大正13)ころ成立,その後作者晩年まで4度にわたり推敲されたが未整理の個所を残している。物語は貧しい少年ジョバンニが,ケンタウル祭の夜,病母の牛乳をとりに町へ出て級友の嘲罵を受け,天気輪の丘にのぼって草の上での仮睡のうちに,銀河に沿って走る幻想の汽車で親友カムパネルラとともに旅するが,ついに友を見失って夢から覚め,丘を下りて,友が級友を救おうとして水死したことを知る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎんがてつどうのよる【銀河鉄道の夜】

童話。宮沢賢治作。孤独で貧しい少年ジョバンニが、級友を救って自らは溺死できしした親友カムパネルラとともに、夢の中で死者の旅する銀河鉄道に乗って星座の駅を巡る幻想物語。賢治童話の代表作の一。死後に発表された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銀河鉄道の夜
ぎんがてつどうのよる

宮沢賢治の童話。生前未発表。1924年(大正13)ごろ初稿が成立したが、その後、晩年に至るまで4次にわたる大幅な改稿がなされたすえ、ついに未整理の箇所を多く含む複雑な草稿の形で遺(のこ)された。貧しい少年ジョバンニが星祭りの夜、天気輪(てんきりん)の丘に横たわって夢の世界に入り、親友カムパネルラと不思議な銀河鉄道の旅をともにするが、最後に友の姿を見失って泣きながら目を覚まし、丘を下って、カムパネルラが川で級友を救おうとして溺死(できし)したことを知る。この夢の鉄道は同時に死後の世界の幻視であり、作者の妹の死、友との決別などの原体験が四次元的宇宙観や宗教的熱情に裏づけられて昇華した幻想文学の傑作。[天沢退二郎]
『『銀河鉄道の夜』(岩波文庫・旺文社文庫・角川文庫・講談社文庫・新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

銀河鉄道の夜の関連キーワードロジャー パルバース映画ジョバンニの島ジョバンニの島イギリス海岸文豪マフラー茂木たかまさ佐々木ちあきアルビレオ宮沢 トシ風の又三郎宮沢 賢治天沢退二郎松田ジロウ高木雅代永瀬千裕三谷恭子瓜生和成東松史子田中瞳佳幻想文学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀河鉄道の夜の関連情報