コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘外男 タチバナソトオ

3件 の用語解説(橘外男の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐そとお〔‐そとを〕【橘外男】

[1894~1959]小説家。石川の生まれ。中学退学、服役など波瀾万丈(はらんばんじょう)の若年期を経た後に作家となる。エキゾチックな題材を扱った、猟奇的な幻想小説を多く発表。「ナリン殿下への回想」で直木賞受賞。他に「陰獣トリステサ」「ある小説家の思い出」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘外男 たちばな-そとお

1894-1959 大正-昭和時代の小説家。
明治27年10月10日生まれ。中学を退学し,21歳のとき罪をおかして服役。その後種々の職につきながら小説を執筆,昭和13年「ナリン殿下への回想」で直木賞。戦後は怪奇幻想小説をおおく発表した。昭和34年7月6日死去。64歳。石川県出身。作品はほかに「陰獣トリステサ」「ある小説家の思い出」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橘外男
たちばなそとお
(1894―1959)

小説家。石川県生まれ。彼の前半生は自伝『ある小説家の思ひ出』(1957~59)に詳しいが、軍人の父に厳しく育てられたものの、中学を退学し、21歳のとき罪を犯して服役。のち種々の職業に従事しながら小説の筆をとり、有島武郎(たけお)の序文をもつ長編『太陽の沈みゆく時』(1922~23)などを刊行、1938年(昭和13)に『ナリン殿下への回想』で第7回直木賞を受賞した。異国趣味と猟奇的傾向をもつ特異な語り口で知られ、戦後の代表作に『陰獣トリステサ』(1948)、『青白き裸女群像』(1950)などがある。[宗像和重]
『『ある小説家の思い出』上下(中公文庫) ▽『橘外男傑作選』三冊(社会思想社・現代教養文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘外男の関連キーワード高桑義生金子洋文伊藤人誉恵藤一郎大泉黒石加藤信義諏訪三郎寺崎浩寺本忠雄戸川貞雄

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone