コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘外男 タチバナソトオ

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐そとお〔‐そとを〕【橘外男】

[1894~1959]小説家。石川の生まれ。中学退学、服役など波瀾万丈(はらんばんじょう)の若年期を経た後に作家となる。エキゾチックな題材を扱った、猟奇的な幻想小説を多く発表。「ナリン殿下への回想」で直木賞受賞。他に「陰獣トリステサ」「ある小説家の思い出」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘外男 たちばな-そとお

1894-1959 大正-昭和時代の小説家。
明治27年10月10日生まれ。中学を退学し,21歳のとき罪をおかして服役。その後種々の職につきながら小説を執筆,昭和13年「ナリン殿下への回想」で直木賞。戦後は怪奇幻想小説をおおく発表した。昭和34年7月6日死去。64歳。石川県出身。作品はほかに「陰獣トリステサ」「ある小説家の思い出」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橘外男
たちばなそとお
(1894―1959)

小説家。石川県生まれ。彼の前半生は自伝『ある小説家の思ひ出』(1957~59)に詳しいが、軍人の父に厳しく育てられたものの、中学を退学し、21歳のとき罪を犯して服役。のち種々の職業に従事しながら小説の筆をとり、有島武郎(たけお)の序文をもつ長編『太陽の沈みゆく時』(1922~23)などを刊行、1938年(昭和13)に『ナリン殿下への回想』で第7回直木賞を受賞した。異国趣味と猟奇的傾向をもつ特異な語り口で知られ、戦後の代表作に『陰獣トリステサ』(1948)、『青白き裸女群像』(1950)などがある。[宗像和重]
『『ある小説家の思い出』上下(中公文庫) ▽『橘外男傑作選』三冊(社会思想社・現代教養文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

橘外男の関連キーワード昭和時代