コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘家円喬(4代) たちばなや えんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘家円喬(4代) たちばなや-えんきょう

1865-1912 明治時代の落語家。
慶応元年9月21日生まれ。初代三遊亭円朝の門にはいり,朝太(ちょうた),円好をへて,明治20年4代円喬を襲名し橘家を名のる。「牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」「真景累ケ淵(かさねがふち)」など人情物を数おおく演じ,円朝につぐ名人といわれた。「住吉町」「玄冶店(げんやだな)の師匠」とよばれる。大正元年11月22日死去。48歳。江戸出身。本名は柴田清五郎。旧姓は桑原。
【格言など】筆おいて月定めたり冬の宵(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

橘家円喬(4代)

没年:大正1.11.22(1912)
生年:慶応1.9.21(1865.11.9)
明治期の落語家。本名柴田(旧姓桑原)清五郎。8歳のころから初代三遊亭円朝の門に入り,朝太,円好を経て,4代目円喬となり,明治20(1887)年真打の看板を掲げた。三遊派の格調高い芸風で明治期後半には名人とうたわれ,「怪談牡丹灯籠」など円朝譲りの人情噺をはじめ,落噺,三題噺,さらに青年期の修業を生かした上方系の噺にも優れた。名人にありがちなやや狷介な人柄のため仲間内の折り合いに難があり,早くから2代目円朝と目されながら実現せぬうちに没した。<参考文献>石谷華堤「橘家円喬」(『文芸倶楽部』1903年9月号)

(山本進)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

橘家円喬(4代)の関連キーワード土橋亭 里う馬(9代目)古今亭 志ん生(5代目)金原亭 馬生(9代目)三遊亭 円左(1代目)三遊亭 円右(1代目)三遊亭 金朝(3代目)柳家 小三治(8代目)三遊亭 円生(4代目)金原亭 馬生(8代目)柳家 三語楼(1代目)快楽亭ブラック(1世)柳家 三語楼(初代)三遊亭 円左(初代)古今亭志ん生(5代)桂 三木助(2代目)三遊亭 円右(初代)三遊亭円左(初代)三遊亭円右(初代)柳家三語楼(初代)欲しい物覚え帳

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android