コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘家円喬(4代) たちばなや えんきょう

2件 の用語解説(橘家円喬(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘家円喬(4代) たちばなや-えんきょう

1865-1912 明治時代の落語家。
慶応元年9月21日生まれ。初代三遊亭円朝の門にはいり,朝太(ちょうた),円好をへて,明治20年4代円喬を襲名し橘家を名のる。「牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」「真景累ケ淵(かさねがふち)」など人情物を数おおく演じ,円朝につぐ名人といわれた。「住吉町」「玄冶店(げんやだな)の師匠」とよばれる。大正元年11月22日死去。48歳。江戸出身。本名は柴田清五郎。旧姓は桑原。
【格言など】筆おいて月定めたり冬の宵(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

橘家円喬(4代)

没年:大正1.11.22(1912)
生年:慶応1.9.21(1865.11.9)
明治期の落語家。本名柴田(旧姓桑原)清五郎。8歳のころから初代三遊亭円朝の門に入り,朝太,円好を経て,4代目円喬となり,明治20(1887)年真打の看板を掲げた。三遊派の格調高い芸風で明治期後半には名人とうたわれ,「怪談牡丹灯籠」など円朝譲りの人情噺をはじめ,落噺,三題噺,さらに青年期の修業を生かした上方系の噺にも優れた。名人にありがちなやや狷介な人柄のため仲間内の折り合いに難があり,早くから2代目円朝と目されながら実現せぬうちに没した。<参考文献>石谷華堤「橘家円喬」(『文芸倶楽部』1903年9月号)

(山本進)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘家円喬(4代)の関連キーワード桂文枝三遊亭円生朝寝坊夢楽桂三木助(2代)古今亭今輔(5代)三遊亭円遊(2代)笑福亭仁鶴柳亭左楽(5代)鈴々舎馬風若柳吉蔵(初代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone