コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘家円太郎 たちばなやえんたろう

大辞林 第三版の解説

たちばなやえんたろう【橘家円太郎】

1845~1898) (四世)音曲師。江戸生まれ。本名、石井菊松。円朝門人。高座でラッパを吹く珍芸で人気を博し、俗に「ラッパの円太郎」と呼ばれ、円遊・万橘・談志らとともに四天王と称された。 → 円太郎馬車

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の橘家円太郎の言及

【落語】より

…円朝と並ぶ人情噺の名手初代柳亭(談洲楼(だんしゆうろう))燕枝(えんし),やはり人情噺をよくした3代麗々亭柳橋(れいれいていりゆうきよう)(のち春錦亭柳桜(しゆんきんていりゆうおう))(1835‐97),芝居噺の名手6代桂文治,花柳物の名手4代桂文楽,落し咄,人情噺ともによくした2代古今亭志ん生,滑稽噺の2代柳家(禽語楼(きんごろう))小さんなどがそれだった。異彩を放ったのは,〈ステテコ踊り〉の,俗に初代ともいう3代三遊亭円遊,鉄道馬車のラッパを吹く音曲師4代橘家(たちばなや)円太郎(?‐1898),〈郭巨(かつきよ)の釜掘り踊り〉の4代立川談志(?‐1889),〈ヘラヘラ踊り〉の三遊亭万橘(まんきつ)(?‐1894)という〈寄席四天王〉で,彼らは珍芸を売物にして人気を博した。珍芸流行の原因は,当時,東京市内が明治に入って最大の不況に見舞われ,特別に珍奇な芸でなければ客が呼べないという事情もあったが,時流からみれば,明治になって東京に集まって来た,寄席になじみのない新しい客層を開拓する手段であり,それは,江戸時代以来の続き物の人情噺が歓迎されなくなってきたことの証明でもあった。…

※「橘家円太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

橘家円太郎の関連キーワード橘家 円太郎(4代目)橘家 小円太(5代目)橘家 円太郎(6代目)橘家 円太郎(7代目)橘家 円太郎(5代目)三遊亭円遊(1世)三遊亭円朝(初代)12月20日円太郎馬車ラッパ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橘家円太郎の関連情報