コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武内桂舟 たけうち けいしゅう

2件 の用語解説(武内桂舟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武内桂舟 たけうち-けいしゅう

1861-1942 明治-昭和時代前期の挿絵画家。
文久元年10月11日生まれ。武内半助の次男。狩野永悳(えいとく),月岡芳年に日本画をまなぶ。硯友(けんゆう)社の尾崎紅葉川上眉山らの小説の挿絵をかく。児童読み物の巌谷小波(いわや-さざなみ)とコンビをくみ,博文館の「少年世界」で活躍した。昭和17年1月3日死去。82歳。江戸出身。本名は鋠平。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武内桂舟
たけうちけいしゅう
(1861―1943)

挿絵画家、日本画家。本名(しんぺい)。和歌山藩士の次男として江戸に生まれ、狩野正信(かのうまさのぶ)に学ぶ。硯友社(けんゆうしゃ)の一員として新聞・雑誌に挿絵を描き始め、尾崎紅葉の小説には桂舟の挿絵を欠かせないとまでいわれた。しかし、それよりも大きな仕事は『少年世界』など、巌谷小波(いわやさざなみ)のお伽話(とぎばなし)の挿絵で、その端正な日本画調と新時代の空想の交錯した画風は、日本の児童出版美術の開幕を告げるものと評価される。[上笙一郎]
『上笙一郎編成・解説『日本の童画1 武内桂舟他』(1982・第一法規出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武内桂舟の言及

【イラストレーション】より

…芳幾はじめ《団々珍聞》の小林清親,《郵便報知新聞》の月岡芳年らは浮世絵師の流れをくみ,これら絵入り新聞は草双紙と同じく,絵が主,文が従の趣があった。 1885年に硯友社がおこり,続いて活版印刷による雑誌類が広まるにつれ,挿絵画家としては井上探景(安治),歌川国松らの浮世絵師のほかに,菊池容斎の《前賢故実》の影響をうけた渡辺省亭,三島蕉窓,武内桂舟,尾形月耕らが出た。《文芸俱楽部》《新小説》《都の花》などの挿絵,口絵で活躍し,尾崎紅葉の《金色夜叉》を手がけた武内桂舟(1861‐1943),小杉天外の《魔風恋風》を描いた梶田半古(1870‐1917)が特に人気を集めた。…

※「武内桂舟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武内桂舟の関連キーワード県忍鴻雪年恩田重信佐伯悟竜須藤義衛門那須弓雄西田敬止松平直之(3)真野文二山田賀一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone