コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死亡税(読み)しぼうぜい(英語表記)mainmorte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死亡税
しぼうぜい
mainmorte

ヨーロッパの封建社会で,農奴が死亡した際に保有地相続のため相続人が領主に支払う貢租。農奴は不自由人として,本来,財産相続権をもたないという原理に基づいている。定額または保有地面積に比例した額などから全財産の2分の1に達する場合など,税率は多種多様であり,馬,牛,雄鶏や衣服などを徴収する場合もあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

死亡税
しぼうぜい
heriot英語
Besthauptドイツ語

西欧封建社会における農奴身分の法的無能力に関する一規定で、フランス語のマンモルトmainmorteにあたる。直系の相続人なしに死亡した農奴の財産(保有地)は、封建法上、領主に帰属するとされ、所領外の人間に財産が移転するのを阻止した。13世紀以来、傍系の子孫でも、通例、動産や家畜で領主に支払われる一定の税負担により、遺産相続が可能になった。マンモルトは、フランス革命で最終的に廃止された。[井上泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の死亡税の言及

【マンモルト】より

…具体的には,当初は同居していた直系相続人がない場合に財産全体が領主に帰属する形態をとっていたものが,しだいに領民の死亡ごとに最良の動産(ことに〈最良の家畜〉)が領主に引き渡される形態が一般的になった。これはしばしば死亡税と訳され,領主による農奴への人身支配の象徴でもあった。マンモルトの徴収は,領主による人身的支配でも領域的支配でもあったから,その普及の度合は時期と地域によってかなり異なるが,11~12世紀に最盛期を迎えたのち,農民層の経済的・社会的地位の向上に伴って軽減ないし廃止されつつ,部分的には近世にまで存続した。…

※「死亡税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android