死屍に鞭打つ(読み)シシニムチウツ

大辞林 第三版の解説

ししにむちうつ【死屍に鞭打つ】

〔伍子胥ごししよが父兄の敵である楚の平王の死体を掘り出して鞭打った「史記伍子胥伝」の故事から〕
死んだ人の生前の言行を非難したり攻撃したりする。死者に鞭打つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しし【死屍】 に 鞭(むち)(う)

(中国の春秋時代、伍子胥(ごししょ)が父兄の仇である楚の平王の死体をむち打ったという故事による) 死んだ人の言動、行為を非難する。死者に鞭打つ。
※裸に虱なし(1920)〈宮武外骨〉悪人の死屍には鞭て「社会に害毒を流せし悪人に対しては、大に其死屍(シシ)に鞭(ムチウ)って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android