段 祺瑞(読み)だんきずい

旺文社世界史事典 三訂版「段 祺瑞」の解説

段 祺瑞
だんきずい

1865〜1936
中華民国の軍閥政治家
安徽 (あんき) 省の出身。袁世凱北洋軍閥に加わり,辛亥革命には袁とともに清帝の退位を要求。袁の死後,1916年安徽派首領として国務総理兼陸軍総長となった。第一次世界大戦に対独宣戦を強行して免職されたが,張勲 (ちようくん) の清帝復位運動を鎮圧してまた総理に復帰し,日本から西原借款を受けた。しかし南北統一に失敗して辞職。1918年国務総理に再復帰し,安直戦争・第2次奉直戦争ののち,張作霖・馮玉祥 (ふうぎよくしよう) の支持で24年臨時執政となったが,26年引退した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

367日誕生日大事典「段 祺瑞」の解説

段 祺瑞 (だん きずい)

生年月日:1865年3月6日
中国の軍閥
1936年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「段 祺瑞」の解説

段 祺瑞
だんきずい

1865〜1936
中華民国の軍閥政治家
北洋軍閥安徽 (あんき) 派の首領で,袁世凱 (えんせいがい) の腹心の部下。第一次世界大戦中,寺内正毅内閣から西原借款などの援助をうけ,日本の中国進出を許す。1924年張作霖・馮玉祥 (ひようぎよくしよう) らに推され臨時執政に就任したが ‘26年失脚。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android