(読み)ショウ

デジタル大辞泉の解説

しょう〔シヤウ〕【章】

文章や楽曲などの全体の構成の中で、大きく分けた区分。「を改める」
ひとまとまりの文章。
しるし。記章。「会員の
古代中国の文体の名。上奏文の一様式。
古代中国の暦で、19年のこと。

しょう【章】[漢字項目]

[音]ショウ(シャウ)(呉)(漢) [訓]あや
学習漢字]3年
文字でつづった文。「玉章詞章断章文章
資格・身分などを示すしるし。「印章記章勲章校章褒章帽章喪章(もしょう)紋章腕章
文や音楽の一区切り。「章句章節楽章終章序章
箇条書きにした法令。「憲章典章
[補説]原義は、はっきりとしたあや・しるし。
[名のり]あき・あきら・き・たか・とし・のり・ふさ・ふみ・ゆき
[難読]周章(あわ)てる章魚(たこ)玉章(たまずさ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょう【章】

文・楽曲などの大きなひとまとまり。段落・節などより大きい。 「三つの-から成る」
ひとまとまりの文や詩。 「筆を下せば-と成り/懐風藻」
しるし。記章。 「校-」 「部員の-」
勲章・褒章など。 「 -と綬じゆ
いん。印章。判。 「協会会長の-」
〘仏〙 経典の教義を注釈・解説したもの。
中国の文体の一。上奏文の様式。
古代中国の暦法で、19年のメトン周期のこと。 → メトン周期
[句項目] 章を断ち義を取る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう シャウ【章】

〘名〙
① 文章、楽曲などを構成する部分のうちの大きな段落。
※日本書紀兼倶抄(1481)上「十一品に章を分ぞ」 〔論衡‐正説〕
② 一まとまりの文章、一編の詩歌。あやのある文章。
※懐風藻(751)大友皇子伝「下筆成章。出言為論」 〔史記‐楽書〕
③ 古代中国の文体の一つ。天子に上書して、恩を謝し、慶賀を表するもの。〔独断‐上〕
④ くだり。箇条。〔史記‐高祖本紀〕
⑤ いん。印章。押手(おしで)。はんこ。〔漢官儀〕
しるし。標識。〔国語‐周語中〕
⑦ 勲章、褒章などの記章をいう。
※勲章等級製式及大勲位菊花章頸飾製式(明治二一年)(1888)「一 宝冠章〈略〉章 宝冠と竹桜の形を以て飾る」
⑧ おきて。のり。規則。また、手本。〔詩経‐大雅・抑〕
⑨ 織物のもよう。あや。〔易経‐説卦〕
⑩ 区別。わかつこと。〔孔子家語‐曲礼子貢問〕
⑪ 古代中国における暦法の一周期。一九年をいう。
※令集解(738)職員「古記云。暦数。十九年為一章」 〔周髀算経‐下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

章の関連情報