コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殷鑑遠からず インカントオカラズ

デジタル大辞泉の解説

殷鑑(いんかん)遠(とお)からず

《「詩経大雅・蕩から》(かがみ)とすべき手本は、遠い時代に求めなくても、同じく悪政で滅んだ前代夏(か)にある。戒めとすべき例はごく身近なところにあるものだというたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんかんとおからず【殷鑑遠からず】

〔詩経 大雅、蕩
殷王朝の鑑(=手本)は、遠く古代に求めなくても、前代の夏王朝の滅亡がよい戒めである。戒めは身近にあるということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

殷鑑遠からずの関連キーワード殷鑑滅亡

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android