殷鑑遠からず(読み)インカントオカラズ

  • いんかん
  • 殷鑑
  • 殷鑑(いんかん)遠(とお)からず
  • 遠(とお)からず

精選版 日本国語大辞典の解説

(「詩経‐大雅・蕩」の「殷鑑不遠、在夏后之世」による語) 殷の国民の鑑(かがみ)は遠くに求めなくても、前代の夏(か)の滅亡がよい戒めである。戒めとすべき失敗の前例は手近なところにあるの意。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉変哲家「君達は既に道徳中毒症を起してるからお気が附くまいが、殷鑑(インカン)遠からず、既にお隣の支那や朝鮮は道徳の病膏肓に入って全国麻痺しおる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

戒めとすべき失敗例は、手近なところにあることのたとえ。

[使用例] 万一それからにんじょうにでもなった日には、板倉家七千石は、そのまま「お取りつぶし」になってしまう。殷鑑は遠からず、堀田稲葉の喧嘩にあるではないか[芥川龍之介*忠義|1917]

[由来] 「―大雅・とう」の詩句から。紀元前九世紀の初め、周王朝が衰えた際、それを嘆いて作られたとされる詩で、「殷鑑遠からず、こうの世に在り(殷王朝が鑑とすべきものは、遠くに求めなくてもよい。前代の夏王朝が滅亡したのがよい戒めだ)」とうたっています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android