コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比較行動学 ひかくこうどうがく

大辞林 第三版の解説

ひかくこうどうがく【比較行動学】

自然環境下での動物の行動を観察し、環境との関わりの中でその本能行動を中心に、行動の機能・個体発生・系統発生(進化)などを研究する学問。ローレンツなどにより確立された。動物行動学。行動生物学。エソロジー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の比較行動学の言及

【動物行動学】より

…動物の行動を研究する生物学の一分野。エソロジーとそのまま呼ばれることもあり,習性学,行動生物学,比較行動学,行動学などと記される場合もある。エソロジーということばは,I.ジョフロア・サンティレールが1859年に〈本能,習性など生物の表す行動と環境の関係を研究する学問〉として提唱したのに始まる(ただしこのことば自体は,それ以前にJ.S.ミルが〈人生学〉という意味合いで使っていた)。…

※「比較行動学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

比較行動学の関連キーワードローレンツ(Konrad Zacharias Lorenz)ディスプレーハチ(昆虫)ローレンツ動物心理学行動生物学動物行動学行動主義系統発生初期経験個体発生刷り込み攻撃性本能鳥学笑い

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android