コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生得的解発機構 せいとくてきかいはつきこうinnate releasing mechanism

世界大百科事典 第2版の解説

せいとくてきかいはつきこう【生得的解発機構 innate releasing mechanism】

IRMと略記することもある。動物の行動を引き起こす最も基本的なしくみと考えられるもので,遺伝的にプログラムされた行動の発現を説明する機構。解発機構(ドイツ語Auslösemechanismus)の語はK.ローレンツの提唱になる。動物の生得的な行動の背後にはそれを発現する潜在的エネルギーがつねに蓄えられた状態にあり,これを引き出すリリーサー(あるいは,それに含まれる鍵刺激)によってその行動が発現するという考えに基づくもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生得的解発機構
せいとくてきかいはつきこう
innate releasing mechanism

動物の行動を誘引すると考えられる解発機構のうち、もっとも基本的なもので、IRMと略記することが多い。オーストリアの動物学者ローレンツK. Lorenz(1935発表)は、ドイツの動物学者ユクスキュルJ. V. Uexkll(1909発表)の考えをもとに、生得的解発図式angeborenes Auslse-Schema(ドイツ語)、innate releasing schemaという用語を提唱した。この語の英語訳として、ティンバーゲンN. Tinbergen(1951発表)が生得的解発機構とよんだ。
 この機構は、生得的行動が特定の鍵(かぎ)刺激と正確に対応している根拠として、定型的な刺激・反応の結合を可能にするために、遺伝的にプログラムされて中枢に存在する特殊な感覚神経機構として仮定されたものである。つまり、特定の鍵刺激を抽出して、特定の行動を発現させる濾過(ろか)機構と考えてよい。現在、鍵刺激抽出ニューロンともいうべき、この機構を支える神経構造を具体的に実証する努力が、神経行動学徒によって続けられている。
 ティンバーゲンは、生得的行動の発現を規定する内的要因が、外的要因(リリーサー)と協働して自発的にインパルス(衝撃)を産出する中枢神経系の機構を想定し、行動の階層モデルといわれる生得的行動発現のモデルを示した。このモデルは、生得的解発機構の働きによってインパルスの連続的放出を阻止していた障害が解除されると、上位中枢に蓄積されたインパルスが下位中枢に伝達されて、刺激に対応した適応的行動が発現することを示している。[植松辰美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生得的解発機構の言及

【行動】より

…まず動物の内部で特定の行動に対する衝動driveまたは動機づけmotivationが高まる。そういう状態において適切な信号を伝えるリリーサー(解発因)に出会うと,生得的解発機構を介してその行動が解発されるというわけである。したがって,内的状態と外的条件が二つながらそろって,初めて適切な行動が解発されることになる。…

※「生得的解発機構」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生得的解発機構の関連キーワードティンバーゲン(Niko (Nikolaas) Tinbergen)刷り込み解発刺激

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android