コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比重選鉱 ひじゅうせんこうgravity separation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比重選鉱
ひじゅうせんこう
gravity separation

選鉱,選炭法の一種。比重の大きい粒子と比重の小さい粒子が入り交って存在し,粒子の大きさにあまり差がないとき,外から力を作用させると2種の粒子は互いに異なる運動をして別々の場所に移る。この原理を応用した選別法で,外力として水力を利用する方法が広く行われているが,風力を利用する乾式法もある。また前者は上下に脈動する水流中で分離の目的を果すジグ選別と,ゆるやかに傾斜した盤上を薄く流れる水の働きによって分離を行う薄流選別に代表される一般比重選と浮沈分離の重選とに大別される。一般比重選には椀がけ水簸樋流し法などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひじゅう‐せんこう〔ヒヂユウセンクワウ〕【比重選鉱】

鉱石中の有用鉱物と廃石とを、比重の差を利用して分離する方法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひじゅうせんこう【比重選鉱】

鉱物の比重の差を利用して、異種鉱物を分離する選鉱法。重液選鉱はこの一種。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

比重選鉱の関連キーワードシェーキングテーブルトロンプ配分率曲線ねこだ流し全泥選鉱法金(元素)製鉄遺跡比重選別重液選鉱猫流し採金船たたら斐伊川製錬選鉱

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android