コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民権自由論 みんけんじゆうろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民権自由論
みんけんじゆうろん

植木枝盛著。 1879年刊。明治の民権思想を代表する著書。民権運動が都市の知識人から全国的な農民層へと拡大してゆく経過を展望しながら,自由と人民の権利を平易な口語体で叙述している。この書は高い評価を受け,そのため植木は民権思想家として不動の地位を獲得した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

民権自由論の関連キーワード静寧・靖寧森藤右衛門植木 枝盛私する牧する卑屈至極染む暗愚蕞爾戕賊屈従党与変哲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民権自由論の関連情報