コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気仙川 けせんがわ

3件 の用語解説(気仙川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気仙川
けせんがわ

岩手県南部,遠野市,住田町境の高清水山 (1014m) に源を発し,広田湾に注ぐ川。全長約 45km。上流部は住田町,下流部は陸前高田市に属する。下流部の約 3kmは,アユ,ヤマメウナギ,ハゼの釣場で,7月のアユ解禁時には釣り人でにぎわう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けせん‐がわ〔‐がは〕【気仙川】

岩手県南東部の川。気仙郡住田町と陸前高田市を流れ広田湾で太平洋に注ぐ。長さ43キロ。清流で釣りが盛ん。河口に高田松原がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気仙川
けせんがわ

岩手県南東部、物見山(ものみやま)(種山(たねやま))南麓(なんろく)に源を発し、南東流して広田湾に注ぐ川。延長40キロメートル。途中、住田(すみた)町川口で大股(おおまた)川、陸前高田市竹駒(たけこま)で矢作(やはぎ)川を合流する。上流部には鍾乳洞(しょうにゅうどう)の滝観洞(ろうかんどう)があり、また魚類が豊富で春先のヤマメ、シラウオ、夏のアユ、冬場のハゼなど年中釣り人でにぎわう。沖積低地には水田が開け、沿岸山麓ではハウスイチゴやリンゴ栽培などが盛んである。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気仙川の関連キーワード岩手県遠野市小友町岩手県気仙郡住田町上有住岩手県遠野市穀町岩手県遠野市下組町岩手県遠野市新町岩手県気仙郡住田町岩手県気仙郡住田町世田米岩手県遠野市中央通り岩手県遠野市遠野町岩手県遠野市東舘町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気仙川の関連情報