コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気温減率 きおんげんりつ temperature lapse rate

6件 の用語解説(気温減率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気温減率
きおんげんりつ
temperature lapse rate

気温が高度によって変化する割合。高度 10km付近までは高度とともに気温が下がることから,この割合を減率という。地表面から高度 1kmほどまでの大気境界層内部の気温は,地表面温度の影響を直接受けるため気温減率は昼と夜とで変化する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きおん‐げんりつ〔キヲン‐〕【気温減率】

高度が増すにつれて気温が低くなる割合。平均して100メートル増すごとにセ氏0.5~0.6度低くなる。気温逓減率

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

気温減率【きおんげんりつ】

気温逓減(ていげん)率とも。高さが増すにつれて気温が低くなる割合。対流圏内では,平均して100mにつき0.5〜0.6℃。成層圏では0か負の値(上層ほど気温が高い)となっている。
→関連項目気温

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

パラグライダー用語辞典の解説

気温減率

大気は、普通、高度が上がるにつれて気温が低くなっており、その時、高さとともにどのように変化しているかを測定したものを単に「気温減率」または環境の気温減率という。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きおんげんりつ【気温減率】

二つの意味に使われる。一つは大気中の気温分布の高さによる減少率のこと。この減少率は場所によって異なり,また,大気の成層状態によって異なるが,平均的には0.65℃/100mである。 もう一つの意味は空気塊が上昇するとき,空気塊自身の温度の減少率のこと。空気塊がまわりの大気と熱交換なしに上昇するとき,まわりの大気の圧力が小さくなるので空気塊は膨張し,温度が下がる。その温度減少率は,空気塊の中で凝結がない場合は,空気の定圧比熱Cpとすると,g/Cp=0.977℃/mで,乾燥断熱減率といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きおんげんりつ【気温減率】

対流圏内では気温は高度とともに低下する、その割合をいう。一般に湿潤状態下では100メートル につき約摂氏0.5度下がるが、乾燥状態下では約摂氏1度ずつ下がる。実際の大気の気温減率は、場所と季節で異なるが、平均的には100メートル につき約摂氏0.65度である。気温逓減率。 → 断熱減率

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気温減率の関連キーワード大気圏対流圏偏東風トロポポーズ強制対流自然対流ウォーカー循環ダインスの補償原理対流圏界面対流圏散乱伝搬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone