コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水母・海月 くらげ

大辞林 第三版の解説

くらげ【水母・海月】

腔腸動物のヒドロ虫類・ハチクラゲ類の浮遊世代と、有櫛ゆうしつ動物の個体の総称。ほとんどが海産。体は寒天質で骨格はなく、一般に傘形をなし、浮遊生活に適している。下面中央に口柄こうへいがあり、先端に口が開いている。傘の縁には平衡器・触手などがある。ビゼンクラゲなどは食用になる。刺胞に強い毒をもち人間に害を与える種類もある。古来、骨のないもののたとえにする。 [季] 夏。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

水母・海月の関連キーワードビゼンクラゲ水母

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android