コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風巻景次郎 かざまきけいじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風巻景次郎
かざまきけいじろう

[生]1902.5.22. 兵庫
[没]1960.1.4. 吹田
国文学者。第八高等学校を経て,東京大学国文学科卒業。北海道大学関西大学教授。文学博士。専攻は中世和歌,文学史だが,『源氏物語』,謡曲,近代文学などの研究にも業績を残した。主著『新古今時代』 (1936) ,『日本文学史の構想』 (1942) ,『西行』 (1947) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

風巻景次郎 かざまき-けいじろう

1902-1960 昭和時代の国文学者。
明治35年5月22日生まれ。大阪府立女子専門学校教授などをへて昭和22年北大教授,33年関西大教授となる。中世和歌や「源氏物語」を研究。昭和35年1月4日死去。57歳。兵庫県出身。東京帝大卒。旧姓平田著作に「日本文学史の構想」「新古今時代」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かざまきけいじろう【風巻景次郎】

1902‐60(明治35‐昭和35)
国文学者。尼崎市に生まれる。東大文学部卒。大阪府立女専ほか数校の教師を歴任。1947年北海道大学教授として国文学科の創設に貢献したが,健康をそこない58年北大を辞去,関西大学に転じた。1936年にまとめられた《新古今時代》は,緻密な文献の操作と,時代相の鋭敏な把握と,短歌の実作者でもあった勘のよさとが相まって,《新古今集》研究に一期を画した。47年に著された《西行》も後宮と作者との関連にくわしい。その社会圏・文化環境にさとい目は,日本文学史を終生の研究主題としていたらしく,再三の試みが著作にもみられるが,完成せず,おびただしいヒントを後学にのこして急逝した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風巻景次郎
かざまきけいじろう
(1902―1960)

国文学者。兵庫県生まれ。東京帝国大学国文科卒業。大阪女子専門学校、長野女子専門学校、東京音楽学校(東京芸術大学)、清水高等商船学校(のち東京商船大学。現東京海洋大学)、北京(ペキン)輔仁大学の教授を歴任。1947年(昭和22)北海道大学教授となって法文学部開設に尽力。58年関西大学教授に転じた。中世和歌や『源氏物語』の研究のほか斬新(ざんしん)な文学史論や文明批評は、方法的に現在も道標的意義をもち続けている。『新古今時代』(1936)、『日本文学史の構想』(1942)ほか多数の著述が『風巻景次郎全集』全10冊に体系化された。[秋山 虔]
『『風巻景次郎全集』10巻・別巻1(1969~72・桜楓社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の風巻景次郎の言及

【日本文学】より

…〈歴史社会学派〉と称される人々の史的唯物論にもとづく日本古典の歴史的意義の追求がそれであり,近藤忠義《日本文学原論》(1937),永積安明《中世文学論》(1944)などは,非社会的な〈国文学〉の内在的批判,戦争とファシズムへの学問的抵抗の所産としての価値と意義をになっている。この学派の周辺から風巻景次郎《新古今時代》(1936),吉野裕《防人歌の基礎構造》(1943)が,また同じく戦時下の著ながら記紀に文学の息吹をよみがえらせた高木市之助《吉野の鮎――記紀万葉雑考――》(1941)がこんにちも色あせぬ成果を示すことが注目されよう。昭和期にはもうひとつの国文学内部からの批判的動向がみられる。…

※「風巻景次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

風巻景次郎の関連キーワード風巻 景次郎金槐和歌集昭和時代物語文学文芸文化菱川善夫丸山 静水甕

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android