コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産会社 すいさんかいしゃ

百科事典マイペディアの解説

水産会社【すいさんかいしゃ】

会社組織の漁業企業で,日本の零細な漁家や個人企業にくらべ,数は少ないが漁獲額の50%以上を占める。マルハ日本水産ニチロ,極洋,宝幸水産が大手会社で,1952年の北洋漁業の再開で復活,母船式のサケ・マス,カニ,底引網,捕鯨や北方・南方トロールなどで遠洋漁業を独占した。
→関連項目水産業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんかいしゃ【水産会社】

会社組織による漁業企業体。日本の漁業経営体を大別すると,家族労働によって営まれる零細規模の漁家と雇用労働者を使用する漁業企業体に分類できる。漁業企業体はさらに個人経営と会社経営に分類されるが,個人経営が圧倒的に多く,会社経営は漁家を含めた全漁業経営体数の1%強を占めるにすぎない。しかし,会社経営体が日本全体の漁獲金額に占める比率は5割弱にも及び,経営体個々の生産規模は,漁家や個人企業体に比し著しく大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水産会社の関連情報