コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水素エンジン すいそエンジン hydrogen fueled engine

1件 の用語解説(水素エンジンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいそエンジン【水素エンジン hydrogen fueled engine】

水素を燃料とするエンジン(内燃機関)。ガソリンエンジンディーゼルエンジンと基本的構造は変わらないが,ガソリンエンジンと異なり,気化器は必要ない。現在,エンジンの燃料はごく例外を除きすべて石油製品であり,将来その需要量が拡大するとともに,石油の埋蔵量が減少すれば当然不足をきたし,また,一方では燃焼ガスによる大気汚染の被害も大きな問題となっている。これに対して,水素は石炭や天然ガスはもちろん,原子力や太陽,波動などあらゆるエネルギー源からつくることができ,かつ無公害化も可能であることから,多くの研究者によって,もっとも効率がよく安全で取扱いの容易な水素エンジンを目的とした研究が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水素エンジンの関連キーワードガス機関ガソリン機関熱機関水素自動車エンジンエンジンオイル外燃機関ディーゼルエンジン内燃機関油ラジアルエンジン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水素エンジンの関連情報