コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野忠徳 みずのただのり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水野忠徳
みずのただのり

[生]文化7(1810)
[没]慶応4(1868).7.9. 江戸
江戸時代末期の幕臣。旗本。筑後守。痴雲と号した。嘉永5 (1852) 年浦賀奉行を経て安政5 (58) 年7月外国奉行。越前藩主松平慶永に開国和親を説き,遣米使節の一人に選ばれたが果さず (→万延元年遣米使節 ) ,同6年8月辞任。文久1 (61) 年5月外国奉行に再任され,小笠原島領有を宣言したが,翌2年7月箱館奉行に移されて辞任。旗本グループの指導的人物で,老中小笠原長行に従い,幕府権力強化に努めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野忠徳 みずの-ただのり

1815-1868 幕末の武士。
文化12年生まれ。幕臣嘉永(かえい)7年(1854)長崎奉行のとき,日英和親条約に調印。勘定奉行,外国奉行を歴任,文久元年小笠原諸島に派遣されて領有を宣言した。公武合体策に反対して箱館(はこだて)奉行に左遷され引退。3年小笠原長行(ながみち)の示威上京に同行して処分された。慶応4年7月9日死去。54歳。本姓は諏訪。通称は甲子二郎。号は痴雲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

水野忠徳

没年:明治1.7.9(1868.8.26)
生年:文化12(1815)
幕末の幕府官僚。天保9(1838)年昌平黌学問吟味に乙科及第,阿部正弘の人材登用政策のもと,西ノ丸目付を経て浦賀奉行,長崎奉行。安政1(1854)年勘定奉行へと進み,田安家家老を経て同5年外国奉行。将軍継嗣問題では一橋慶喜の擁立を望んだが,安政の大獄では処罰を免れる。翌年ロシア士官殺害事件の責任を追及され,西ノ丸留守居に左遷。文久1(1861)年外国奉行に再任,次いで小笠原島開拓御用掛を兼ね同地を視察。幕府首脳部の公武合体方針が幕府の権威を損なうとして反対,翌年箱館奉行に左遷されるが,これを拒否するように隠居した。その後も幕府の権威回復への意志は衰えず,文久3年5月,尊攘運動の抑制を計画。井上清直,向山黄村らと共に小笠原長行の率兵上洛に参加し挫折,差控に処せられた。以来,幕府の倒壊を目の当たりに見ながら日々を送り,江戸開城ののち激憤のうちに病没。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

水野忠徳 (みずのただのり)

生年月日:1815年4月9日
江戸時代末期の幕府官僚
1868年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

水野忠徳の関連キーワード神奈川奉行サヴォリ生年月日平山敬忠小花作助大野右仲母島列島軍艦奉行サボリ