求子(読み)もとめご

大辞林 第三版の解説

もとめご【求子】

あずま遊びの曲名。また、それに合わせる舞。求子歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もとめご【求子】

雅楽の一種目である〈東遊(あずまあそび)〉の一部分で,駿河舞とともにその頂点をなす。伴奏の歌を〈求子歌(もとめごのうた)〉,舞を〈求子舞〉という。次第は,笛(現在は高麗(こま)笛)と篳篥(ひちりき)で短い〈求子歌出(もとめごのうただし)〉,ついで求子歌(求子舞)となる。歌詞は,宮中で奏される時は〈ちはやぶる 神の御前の姫小松 あはれあはれの姫小松〉。神社に奉納される場合には,第2句を〈このみやしろの〉などと,それぞれくふうされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もとめご【求子】

東遊(あずまあそび)の歌曲の一つ。駿河舞(するがまい)とともに東遊の中心をなす。現在、寛平元年(八八九)賀茂の臨時祭に藤原敏行の作った歌詞を伝えるが、これはもとの歌曲によって新作したもの。このほか神社ごとに歌詞が作られた。求子歌(もとめごうた)
※枕(10C終)二一六「舞は 駿河舞。もとめご、いとをかし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報