コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

求子 もとめご

大辞林 第三版の解説

もとめご【求子】

あずま遊びの曲名。また、それに合わせる舞。求子歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もとめご【求子】

雅楽の一種目である〈東遊(あずまあそび)〉の一部分で,駿河舞とともにその頂点をなす。伴奏の歌を〈求子歌(もとめごのうた)〉,舞を〈求子舞〉という。次第は,笛(現在は高麗(こま)笛)と篳篥(ひちりき)で短い〈求子歌出(もとめごのうただし)〉,ついで求子歌(求子舞)となる。歌詞は,宮中で奏される時は〈ちはやぶる 神の御前の姫小松 あはれあはれの姫小松〉。神社に奉納される場合には,第2句を〈このみやしろの〉などと,それぞれくふうされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

求子の関連キーワード生類憐みの令服部不及子内海安重以成東規東遊び片舞諸舞羽風高禖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android