コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

求子 もとめご

大辞林 第三版の解説

もとめご【求子】

あずま遊びの曲名。また、それに合わせる舞。求子歌。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もとめご【求子】

雅楽の一種目である〈東遊(あずまあそび)〉の一部分で,駿河舞とともにその頂点をなす。伴奏の歌を〈求子歌(もとめごのうた)〉,舞を〈求子舞〉という。次第は,笛(現在は高麗(こま)笛)と篳篥(ひちりき)で短い〈求子歌出(もとめごのうただし)〉,ついで求子歌(求子舞)となる。歌詞は,宮中で奏される時は〈ちはやぶる 神の御前の姫小松 あはれあはれの姫小松〉。神社に奉納される場合には,第2句を〈このみやしろの〉などと,それぞれくふうされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone