駿河舞(読み)スルガマイ

世界大百科事典 第2版の解説

するがまい【駿河舞】

雅楽の一種目である東遊(あずまあそび)の一構成部分。その歌を駿河歌という。次第は,笛と篳篥(ひちりき)による短い前奏の駿河歌歌出(うただし)に次いで,句頭(歌の主唱者が兼ねる)の打つ笏拍子(しやくびようし)に和琴が加わり,駿河歌1段が静拍子(非拍節的なリズム)で歌われ,途中で舞人(4または6人)が舞殿に上る。続く駿河歌2段は揚拍子(あげびようし)(拍節的なリズム)で歌われ,駿河舞が舞われる。続く加太於呂志(かたおろし)は,笛と篳篥のみで奏され,舞人は舞殿から下りて袍の右肩を脱ぐ所作をし,そのまま求子(もとめご)を舞う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

するがまい【駿河舞】

東遊あずまあそびの一。駿河国有度浜うどはまに天女が降り遊んださまを写した歌舞という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

するがまい するがまひ【駿河舞】

雅楽東遊(あずまあそび)の中の一つ。駿河歌に合わせて舞うもの。駿河国の有度浜(うどはま)に天人が下って舞ったという伝説によるもの。舞人は四人または六人、歌方は拍子一人、笛一人、篳篥(ひちりき)一人、和琴一人、付歌数人、琴持で演ぜられる。〔東遊(10C後)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android