コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駿河舞 スルガマイ

世界大百科事典 第2版の解説

するがまい【駿河舞】

雅楽の一種目である東遊(あずまあそび)の一構成部分。その歌を駿河歌という。次第は,笛と篳篥(ひちりき)による短い前奏の駿河歌歌出(うただし)に次いで,句頭(歌の主唱者が兼ねる)の打つ笏拍子(しやくびようし)に和琴が加わり,駿河歌1段が静拍子(非拍節的なリズム)で歌われ,途中で舞人(4または6人)が舞殿に上る。続く駿河歌2段は揚拍子(あげびようし)(拍節的なリズム)で歌われ,駿河舞が舞われる。続く加太於呂志(かたおろし)は,笛と篳篥のみで奏され,舞人は舞殿から下りて袍の右肩を脱ぐ所作をし,そのまま求子(もとめご)を舞う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

するがまい【駿河舞】

東遊あずまあそびの一。駿河国有度浜うどはまに天女が降り遊んださまを写した歌舞という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

駿河舞の関連キーワード有度浜東遊び求子舞片舞天女羽衣歌舞

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android