コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池谷関彗星 イケヤセキスイセイ

デジタル大辞泉の解説

いけやせき‐すいせい【池谷関×彗星】

昭和40年(1965)9月、日本の池谷薫関勉が互いに独立して発見した彗星。同年10月に近日点を通過した際には満月より明るくなり、20世紀有数の大彗星になった。近日点通過の直前に核が分裂し、そのうちの2個の核が長期間観測され、公転周期はそれぞれ877年、1057年と導出された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

池谷関彗星の関連キーワードマックノート彗星コメットハンター池谷‐関彗星アイソン彗星クロイツ群長周期彗星

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

池谷関彗星の関連情報