決然(読み)けつぜん

精選版 日本国語大辞典「決然」の解説

けつ‐ぜん【決然】

〘形動タリ〙
① 心に強く心したさま。思いきったさま。副詞的にも用いる。
※太平記(14C後)三「其の勢ひ決然(ケツゼン)として、敢へて攻むべき様ぞなき」 〔呉融‐郷卜居詩〕
② 決まっているさま。
※土井本周易抄(1477)一「凡人積累其善於其家必決然として有余善之福慶ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「決然」の解説

けつ‐ぜん【決然】

[ト・タル][文][形動タリ]きっぱりと決心したさま。思い切ったさま。「決然たる語調」
[類語]勇ましい雄雄おおしい凜凜りりしい勇壮勇猛勇敢剛勇忠勇果敢精悍そう壮烈・英雄的・ヒロイック(「―と」「―たる」の形で)敢然凜然りんぜん凜凜りんりん凜乎りんこ颯爽さっそう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「決然」の解説

【決然】けつぜん

きっぱりと心を定める。宋・轍〔枢密韓太尉に上(たてまつ)る書〕に決然として(百代の書を)舍(す)て去り、天下奇聞を求め、以て天地の廣大なるを知らんとす。

字通「決」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android