勇猛(読み)ユウミョウ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐みょう〔‐ミヤウ〕【勇猛】

[名・形動ナリ]ゆうもう(勇猛)」に同じ。
「文覚(もんがく)無上の願を起こして―の行を企つ」〈平家・五〉

ゆう‐もう〔‐マウ〕【勇猛】

[名・形動]勇気があって何物をも恐れないこと。また、そのさま。「勇猛な武将」「勇猛果敢」
[派生]ゆうもうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐みょう ‥ミャウ【勇猛】

〘名〙 (形動) (「みょう」は「猛」の呉音) 仏語。意志が堅固でいさましいこと。また、そのさま。ゆうもう。ゆみょう。
※性霊集‐二(835頃)沙門勝道上補陀洛山碑「法師、顧義成而興歎、仰勇猛以策意」
※高野本平家(13C前)五「文覚無上の願をおこして勇猛(ユウミャウ)の行をくはたつ」

ゆう‐もう ‥マウ【勇猛】

〘名〙 (形動) 勇気があってたけだけしいこと。性質が勇ましく強いこと。また、そのさま。ゆうみょう。ゆみょう。
※太平記(14C後)三「勇猛(ユウマウ)の心を発して」 〔管子‐枢言〕

ゆ‐みょう ‥ミャウ【勇猛】

〘名〙 (形動) =ゆうもう(勇猛)
※文明本節用集(室町中)「勇猛 ユミャウ」
※こんてむつすむん地(1610)一「ゆみゃうの心をもてたたかひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報