コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈従文 しんじゅうぶん Shen Cong-wen

7件 の用語解説(沈従文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈従文
しんじゅうぶん
Shen Cong-wen

[生]光緒28(1902).12.28. /光緒29(1903)
[没]1988.5.10. 北京
中国の小説家。湖南省鳳凰県の人。ミヤオ (苗) 族出身。軍人の家に生れ,13歳で地方軍閥に身を投じ,辺境の各地を遍歴,1922年北京に出て図書館に勤めながら小説を書き胡適に認められた。のち上海で丁玲胡也頻らと『紅黒月刊』を出し,『会明』 (1929) ,『従文自伝』 (31) ,『辺城』 (34) などで,主として体験に基づく辺境での軍隊生活や少数民族を描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シェン‐ツォンウェン【沈従文】

[1902~1988]中国の小説家。本名、沈岳煥。湖南省出身。「辺城」など西南辺境を舞台にした小説を書いた。人民共和国建国後に、非政治性を批判され自殺をはかる。のち、考古学の研究に転じ、大著「中国古代服飾研究」を完成させた。しんじゅうぶん。

しん‐じゅうぶん【沈従文】

シェン=ツォンウェン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

沈従文【しんじゅうぶん】

中国の作家,服飾史研究家。湖南省鳳凰の出身。少年時代に少数民族の多い地域で軍隊の軍事教育を受ける。1922年北京に移り,北京大学聴講生のかたわら創作活動に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんじゅうぶん【沈従文 Shěn Cōng wén】

1903‐88
中国,現代の作家,古代服飾研究家。湖南省鳳凰県(湘西トゥチャ族ミヤオ族自治州)生れ。本名沈岳煥(がくかん)。筆名は小兵,休芸芸など多数。若いころ西南辺境の少数民族のあいだで兵士として暮らし,その経験が後年の小説創作の核となる。23年北京へ出て創作に志し,《現代評論》などに作品を発表。丁玲(ていれい),胡也頻(こやひん)と親しく,その伝記を書いた。29年ころから武漢,青島(チンタオ),昆明,北京などの大学で教えつつ多くの中短編小説を発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんじゅうぶん【沈従文】

1902~1989) 中国、現代の小説家。古代服飾研究家。湖南省出身。本名は沈岳煥。西南辺境の少数民族のなかで体験した軍隊生活を創作活動の源泉とする。代表作に「辺城」がある。シェン=ツォンウェン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沈従文
しんじゅうぶん / シェンツォンウェン
(1902―1988)

中国の作家。湖南(こなん/フーナン)省鳳凰(ほうおう)県出身。本名は沈岳煥。祖母はミャオ族。15歳で軍閥の軍隊に入り、四川(しせん/スーチョワン)、湖南、湖北(こほく/フーペイ)、貴州(きしゅう/コイチョウ)省の各地を転戦。20歳のとき北京(ペキン)へ出、1927年、自伝的小説『入隊以後』で認められる。その後上海(シャンハイ)に移り、胡也頻(こやひん/フーイエピン)、丁玲(ていれい/ティンリン)と『紅黒』などの雑誌を編集するかたわら、新月派にも属し、『会明』『夫』『ランプ』など数十編に上る作品を書く。34年には清純甘美な悲恋を描いた『辺城』で国外にもその名を知られるが、左翼文壇からは「思想のない作家」と批判される。38年、未完の大作『長河』第1巻を香港(ホンコン)で発表するが、国内では国民党当局の検閲にあい、大幅に削除して48年にようやく出版される。解放後はブルジョア主義的傾向を批判され、51年、創作の筆を絶つ。その後は中国歴史博物館(現中国国家博物館)、故宮博物院に勤務、考古学の研究に従事し、80年には大部な『中国歴代服飾研究』を出版。中国社会科学院歴史研究所に勤務。『沈従文文集』全12巻(1982~85)が出版されている。[小島久代]
『松枝茂夫訳「夫」「ランプ」(『中国現代文学選集6』所収・1962・平凡社) ▽松枝茂夫訳「辺城」他(『現代中国文学5』所収・1972・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沈従文の関連キーワード呉大澂呉汝綸母さんは28年型鉄人28号 tetsujin28ディスクジョッキーの日或る「小倉日記」伝君はいい子董道寧林了ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調/piano solo

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沈従文の関連情報