沢井忠夫(読み)さわい ただお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢井忠夫 さわい-ただお

1937-1997 昭和後期-平成時代の箏曲(そうきょく)家,作曲家。
昭和12年12月16日生まれ。はやくから古典箏曲をおさめ,東京芸大で宮城道雄に師事し,作曲を清水脩(おさむ)らにまなぶ。現代曲の演奏にすぐれ,十七弦演奏家の妻沢井一恵とともに演奏活動を展開。新作箏曲も手がけた。平成9年4月1日死去。59歳。愛知県出身。作品に「火垂(ほた)る」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沢井忠夫の関連情報