コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水脩 しみず おさむ

2件 の用語解説(清水脩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水脩 しみず-おさむ

1911-1986 昭和時代の作曲家。
明治44年11月4日生まれ。東京音楽学校(現東京芸大)選科で橋本国彦らに師事。昭和14年「花に寄せたる舞踊組曲」などの管弦楽曲で注目される。オペラ修禅寺物語」,合唱曲「月光とピエロ」などおおくの作曲を手がける。アマチュア合唱団の育成にもつとめた。昭和61年10月29日死去。74歳。大阪出身。大阪外国語学校(現大阪外大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水脩
しみずおさむ
(1911―1986)

作曲家。大阪生まれ。大阪外国語大学仏語科を経て1937年(昭和12)東京音楽学校選科に入り、作曲を橋本国彦らに師事。『インド旋律による四楽章』(1950)や交響曲第1番(1951)などの管弦楽曲によって注目された。『修禅寺物語』(1954)以来『俊寛』(1964)、『吉四六昇天(きっちょむしょうてん)』(1973)など多くのオペラを作曲し、戦後の創作オペラ運動を担ってきた。46年(昭和21)日本合唱連盟の創設に参画するなど、アマチュア合唱団の育成にも努め、『月光とピエロ』『山に祈る』など多くの人に親しまれる合唱曲を書いた。著書に『わがオペラの軌跡』(1975)ほかがある。[船山 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水脩の関連キーワード阿部武雄大木正夫金井喜久子清瀬保二佐藤勝船村徹松島彜梁田貞米山正夫ヴォルフ=フェラーリ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水脩の関連情報