コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河鱒 カワマス

デジタル大辞泉の解説

かわ‐ます〔かは‐〕【河×鱒】

サケ科の淡水魚。全長約50センチ。イワナに近縁。体は茶褐色に黄白色の斑点が散在。北アメリカ北東部の原産で、日本には明治34年(1901)から養殖のため輸入。一部では野生化している。美味。ブルックトラウト。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かわます【河鱒】

サケ目の淡水魚。全長約60センチメートル。背面は茶褐色で虫食い状の斑紋があり、体側には小さい白点と赤点がある。食用。北アメリカ東部原産で冷たい水を好む。日本には1901年(明治34)に移入され、各地の冷水域に放流された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

河鱒 (カワマス)

学名:Salvelinus fontinalis
動物。サケ科の渓流魚,イワナの一種

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

河鱒の関連キーワードパーレット冷水域体側斑紋

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android