コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油津 あぶらつ

4件 の用語解説(油津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油津
あぶらつ

宮崎県南部,日南市の集落。旧町名。 1950年近隣町村と合体して日南市となる。日南海岸の中部にある港町で,商業や漁業が行われる。木材の集散地でもあり,パルプ工場が立地する。リアス海岸が発達し,梅ケ浜,猪崎鼻などの景勝地がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

油津【あぶらつ】

宮崎県日南市にある商・漁港。江戸期には飫肥(おび)杉の積出しで繁栄した。もと南那河郡油津町。日南線が通じ,パルプ工場の原料・製品を扱い,カツオマグロ遠洋漁業の基地でもある。
→関連項目飫肥藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕油津(あぶらつ)


宮崎県日南(にちなん)市の港湾地区。油津港は日南海岸第一の良港。旧油津町が1950年(昭和25)日南市の一部となる。江戸時代は飫肥(おび)城城下町の外港で、飫肥杉の積み出し港として繁栄。現在の油津港はマグロの遠洋漁業基地であるとともに、紙パルプの原料・製品、木材の取扱港として重要。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油津
あぶらつ

宮崎県南部、日南(にちなん)市にある港町。旧油津町。飫肥(おび)藩の城下町飫肥の外港であった。現在も木材製品の取扱いや、カツオ、マグロの漁業基地として県下有数の港。船材用の飫肥杉は飫肥藩の財源として広く植林、杉材は広渡川筏(ひろとがわいかだ)下りで運ばれた。広渡川から油津港までは、1686年(貞享3)に開かれた堀川運河が利用された。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の油津の言及

【日南[市]】より

…市域西部には古第三紀の鰐塚(わにつか)山地,海岸近くには新第三紀の鵜戸(うど)山地があり,鰐塚山地から南東方向へ広渡(ひろと)川が流れ沖積地を形成する。市制時に合体した旧町の飫肥(おび),吾田(あがた),油津(あぶらつ)にそれぞれ市街地が発達し,広渡川の河谷に通じる日南線と国道222号線によって結ばれている。飫肥は藩政時代飫肥藩伊東氏の城下町で,現在は商業地区であるが,城跡を中心に古い町並みを残し,伝統的建造物群保存地区に指定されている。…

※「油津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

油津の関連キーワード日南線宮崎県日南市油津宮崎県日南市飫肥宮崎県日南市隈谷宮崎県日南市殿所宮崎県日南市南郷町贄波宮崎県日南市宮崎県日南市平山宮崎県日南市富土宮崎県日南市宮浦

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

油津の関連情報