コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飫肥藩 おびはん

5件 の用語解説(飫肥藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飫肥藩
おびはん

江戸時代,日向国 (宮崎県) 宮崎郡飫肥地方を領有した藩。旧来の領主伊東祐兵 (すけたけ) が,天正 15 (1587) 年豊臣秀吉から,次いで慶長5 (1600) 年徳川家康から所領5万 7000石を安堵されて以来,廃藩置県まで存続。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

飫肥藩【おびはん】

日向国那珂郡飫肥(現宮崎県日南市)を城地とした藩。中世日向国に勢威を振るった伊東氏の子孫伊東祐兵(すけたか‖すけたけ)は豊臣秀吉に仕え,秀吉の九州仕置(九州征伐)では羽柴秀長軍の先導役を務め,旧領の飫肥など1700余町を与えられた。
→関連項目伊東祐親

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

おびはん【飫肥藩】

江戸時代日向(ひゅうが)国那珂(なか)郡飫肥(現、宮崎県日南市飫肥)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は振徳堂(しんとくどう)。鎌倉時代から伊東氏の領地で、1587年(天正(てんしょう)15)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)九州征服後、伊東祐兵(すけたけ)が那珂郡・宮崎郡2万8000石を与えられた。1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いでは東軍に属したが祐兵は病死、長男の祐慶(すけのり)が2代藩主となり、17年(元和(げんな)3)に徳川秀忠(とくがわひでただ)から5万7000石の所領を安堵(あんど)された(のち分与があり、5万1000石に)。以後明治維新まで伊東氏が14代続いた。10代藩主の祐鐘(すけあつ)は植林事業に力を入れて特産の「飫肥スギ」を全国に広め、次の祐民(すけたみ)は紙の専売化を進めたほか、藩校振徳堂の前身となる学問所を開設。13代藩主の祐相(すけとも)は倒幕の意志を固めて二条城や甲府城などを守備した。1871年(明治4)の廃藩置県で飫肥県となり、その後、都城(みやこのじょう)県、宮崎県、鹿児島県を経て、83年に再置の宮崎県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おびはん【飫肥藩】

日向国那珂郡飫肥に藩庁を置いた外様小藩。1587年(天正15)豊臣秀吉の九州出兵後,伊東祐兵(すけたか)が那珂・宮崎両郡に高2万8000石を給されたのが藩の興りである。2代祐慶(すけのり)のときに5万7086石の検地高をみたが,その後2度の分知があって総高5万1000石の石高が確定した。5代祐実は,1684年(貞享1)の地震によって被害をうけた飫肥城の修築,郷士制の制定,士農に対する盆踊の公認など果敢な政策を実施し,藩中興の主に位置づけられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飫肥藩
おびはん

日向(ひゅうが)国那珂(なか)郡飫肥(宮崎県日南(にちなん)市)に藩庁を置いた外様(とざま)藩。石高5万1000石。藩主伊東氏は工藤祐経(すけつね)の後裔(こうえい)。1587年(天正15)の豊臣(とよとみ)秀吉の九州入りを嚮導(きょうどう)した功により、伊東祐兵(すけたけ)が那珂・宮崎両郡に1736町を給されたのに始まる。5代祐実(すけざね)の代には、寛文(かんぶん)から延宝(えんぽう)期(1661~81)にかけて飫肥城の修築整備、藩随一の実力者家老伊東勘解由(かげゆ)父子の排斥、都城(みやこのじょう)島津領との境界確定、郷士制度の導入などが挙行され、いちおう藩体制の確立をみた。しかし、6代祐永(すけなが)の襲封後、藩財政は悪化し始め、10代祐鐘(すけあつ)は財政立て直しのために、1796年(寛政8)徒士(かち)身分の能吏野中金右衛門(のなかきんえもん)を「杉方役」に登用して植林事業をおこさせ、さらに98年に襲封した11代祐民(すけたみ)は楮(こうぞ)の栽培を奨励し、紙専売制を推進した。これにより、飫肥杉の名は全国に広まり、和紙も他藩のそれとともに日向和紙の名を高くした。また祐民の代には、1801年(享和1)城下に学問所が設けられたのを契機に、藩内に大いに向学の気風がおこり、27年(文政10)には清武(きよたけ)中野に郷校(ごうこう)明教堂(めいきょうどう)も誕生した。ついで13代祐相(すけとも)も1830年(天保1)に新たに藩校振徳堂(しんとくどう)を開き、安井滄洲(そうしゅう)・息軒(そくけん)父子に藩士の子弟の教育にあたらせた。しかし、すでに内憂外患の時を迎えた祐相の代には、海防等のために藩財政はいっそう窮迫化し、やがてその再建の目途もたたないまま、1868年(慶応4)には倒幕藩として戊辰(ぼしん)戦争に参戦、明治を迎えた。1871年(明治4)廃藩、飫肥、都城、宮崎、鹿児島の各県を経て、83年再置の宮崎県に編入された。[上原兼善]
『喜田貞吉・日高重孝著『日向国史 下巻』(1930・史誌出版社) ▽日高次吉著『宮崎県の歴史』(1970・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の飫肥藩の言及

【日向国】より

…高鍋藩では他藩と異なってとくに牧畜に力がいれられた。このほか海岸線をかかえた諸藩では水産業もさかんで,延岡藩の赤水や土々呂(ととろ),高鍋藩の櫛間,飫肥藩の油津などでは塩,鰹節などの製造が行われていた。
[文化]
 中央から遠く,しかも山地と海によって交通の便も悪い日向の地であったが,近世中期以降になると,領主の力入れもあって諸藩の城下町および天領を中心に庶民文化がつちかわれた。…

※「飫肥藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飫肥藩の関連キーワード日向市伊勢や日向日向灘地震日向木挽日向夏ゼリー紅日向日向木挽唄倉光日向守中村日向山口日向

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飫肥藩の関連情報